カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. レシピ >
  5. 夏バテ解消 >
  6. ねばねば食材で夏を乗り切る!長芋×おくらのスタミナサラダ

健康診断・健康管理

ねばねば食材で夏を乗り切る!長芋×おくらのスタミナサラダ

 

暑い夏はスタミナ重視のレシピでしっかり乗り切りたいところですよね。

スタミナ食材とも言われるねばねば食材を使ったサラダのレシピを紹介します。

 

●長芋×おくらのスタミナサラダ

・材料(2人分)

・長芋  …80g

・おくら …7本

・だし醤油…小さじ2と2分の1

・ごま油 …小さじ1

・かつお節…少量

・ごま  …少量

 

・作り方

1. 長芋の皮をむき拍子切りにする

2. おくらは湯がいてへたを切ったら斜めに切る(長芋の大きさと大体あっていればOK)

3. 1と2、だし醤油、ごま油をボウルに入れてよく混ぜる

4. 仕上げにかつお節とごまをかける

5. 皿に盛りつけて完成!

 

●レシピのポイント

・おくら・長芋のムチンで消化吸収力Up!

おくら・長芋のねばねばの元ともなっているのがムチンという成分で、ムチンは消化吸収を助ける・胃の粘膜を守る働きがあります。

夏には胃腸が弱りがちですが、ムチンで消化吸収力を上げて胃弱を予防できます。

それにプラスして、実はムチンには細胞の活性化を促す作用もあるので新陳代謝が促進されるメリットもあります。

疲れにくくなる、便秘の改善などにも向いている成分です。

 

・長芋の亜鉛でスタミナUp!

長芋に含まれる成分で注目したいのが亜鉛で、亜鉛には酵素を活性化する働きがありますので、疲れた体が回復しやすくなります。

 

長芋×おくらのスタミナサラダに納豆をプラスしてご飯にかけると簡単でおいしいねばねば丼が出来ます。

1人分のスタミナサラダに1パック分の納豆を混ぜ合わせて作ってみてください。その際、だし醤油を少なめにして納豆のタレを使うのもおすすめです。

長芋はムチンや亜鉛を含んでいるだけではなく鉄、カリウム、ビタミン、食物繊維といったように全体的なバランスも非常によい食品ですので、積極的に取り入れていきましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/04/19-347020.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夏バテ解消に関する記事

食欲不振や肝機能の回復に冷製スープ【枝豆のビシソワーズ】レシピ

 冷やしても温めてもおいしい、ちょっとオシャレな枝豆のスープです。 食欲のない時...

ムチンのネバネバで胃腸かぜ予防、夏バテ解消に役立つ「もろへいやのお好み焼き」

夏になると増える胃腸風邪、夏バテを予防するためにおすすめなのが、もろへいやを...


体の余分な熱を排出する効果!トマトカレーで夏バテを撃退しよう!

夏は、外の暑さや室内の冷房、夜の寝苦しさで何もしなくても体力を消耗します。そ...

子どもも大好き!みんなで作っても楽しい!ゴーヤと夏野菜のサマーカレー

カレーは大人も子どもも大好きな一品で、野菜や肉が手軽に摂取できるのも魅力です。...

カラダノートひろば

夏バテ解消の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る