カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 日焼け >
  5. 子供の日焼けは大丈夫?紫外線の影響は心配ないの?

育児・子供の病気

子供の日焼けは大丈夫?紫外線の影響は心配ないの?

 

しっかりと日焼けした肌は、実は火傷と同じような炎症を起こしてしまっていることを知っていますか?子供は、外で遊ぶ時間が長く紫外線に当たる時間も長いですが、遊ぶことに夢中で、帽子をかぶって行かせても脱いでみたり、長袖を着せても暑いと言って脱いでみたりと、なかなか思うように紫外線の対策ができないですよね。子供が帰って来て日焼けをしてしまっていたら、皮膚の状態を見てから適切な治療をしましょう。

 

 (軽度の日焼けの場合)

軽く皮膚が赤みを帯びている場合は、メラニン色素の役割である防御効果紫外線強さが超えてしまっている状態です。これをサンバーンと言いますが、軽度のサンバーンに対しては、冷たい水で濡らしたタオルシャワーなどで体をクールダウンしましょう。

 

(水泡ができるほどの日焼けの場合)

水泡ができるほどのサンバーンを起こしている状態では、自分で何とかしようとせずに、すぐに病院へ行って適切な処置をすることが大切です。この日焼けの状態で処置の方法も変わってきます。水泡ができるほどのサンバーンは、皮膚の細胞に修復不可能な傷を残すことになるので、まずは、この水泡になるほどひどいサンバーンを起こさせないようにUVケアを行い予防する事が大切です。

 

水泡まではいかないけどこんな症状があればすぐに受診)

・お風呂で痛がって泣く

・赤みが強く、冷やしてもホテリが治まらない

・全身の倦怠感

・嘔吐や熱が出た

 

日焼けは火傷と同じ状態なので、ただの日焼けと思って安心していたら、痕が残ったり目には見えない後遺症を体内に残すことになったりするので、急激な日焼けはしないように注意して、日焼けをしてしまった後のケアもしっかり行いましょう。

 

 写真://www.ashinari.com/2014/03/13-386918.php?category=3

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

日焼けに関する記事

赤ちゃんと外出する人必見!紫外線対策には赤ちゃん用の日焼け止めを☆

赤ちゃんも生後2-3ヶ月になると買い物など頻繁に外出することが多くなりますが...

子どもを紫外線から守れ!親子共に使える紫外線対策アイテムをチェック!

  一昔前まではこんがり小麦色に日焼けした子供が健康的とも言われていましたが、今...

ケガ・応急処置の体験談

生後2か月ソファからの転落

私の不注意で二ヶ月のとき息子がソファーから落っこちてしまいました。うちは完母なのですが、その頃なぜか...

ハイターを!?動き出した0歳児は何するか分からない!?

先日8か月の次男がキッチンハイターを棚の奥から勝手に取り出してきて倒してひっかぶるという事件が......

カラダノートひろば

日焼けの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る