カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 日焼け >
  5. 子供日焼けは元気な証拠?紫外線の予防は大丈夫?

育児・子供の病気

子供日焼けは元気な証拠?紫外線の予防は大丈夫?

日焼けの症状は熱傷の一種です。特に海岸やグランドなどは遮るものが何もなく、直射日光の影響も受けやすいので十分に注意しなくてはいけません。夏に限らず、4月~9月の紫外線の強い時期は、特に気を付けて紫外線のダメージを防ぎましょう。

 

(日焼けのメカニズム)

 

日光に当たると日焼けするのは紫外線の影響です。皮膚が紫外線を浴びると、まずは角質層紫外線をカットして体内に入り込む量を少なくします。それでも侵入してきた紫外線に対して、メラノサイトと言う物質がメラニン色素を作り出して紫外線を吸収することで、これ以上の体内への侵入を阻止します。日焼け肌の色が黒くなるのは皮膚の中にメラニン色素が沈着してしまうからです。その結果、シミシワソバカスの悪化や皮膚がんの原因になってしまいます。

しかし、適度な紫外線骨の形成を助けたり、皮膚の殺菌作用などの良い面もあるので、紫外線に全く当たらないようにするのではなく、強い紫外線の時間帯を避け、110分程度で十分なので、軽く日光浴を行うようにすると良いでしょう。

 

 (子供の日焼けの予防方法)

 

 1日の中で最も日差しの強い時間帯は、午前10から午後2なので、この時間帯は直射日光にあたらないように気を付けましょう。

・日中に外出する場合は、帽子をかぶせ、服は長袖長ズボンをはかせるようにして、直接紫外線にあたらないようにしましょう。

・紫外線のあたる箇所には、子供用の日焼け止めクリームを塗りましょう。行先や時間、用途によって日焼け止めを使い分けましょう。

 

 

皮膚の老化具合は、産まれてから浴びてきた紫外線の総量に比例するので、シミやシワなどを増やさないためには、子供の成長に必要な分の紫外線は上手に取り入れて、その他の紫外線をしっかりと予防する事が大切です。

 

 写真://www.ashinari.com/2014/04/01-387840.php?category=2

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

日焼けに関する記事

赤ちゃんと外出する人必見!紫外線対策には赤ちゃん用の日焼け止めを☆

赤ちゃんも生後2-3ヶ月になると買い物など頻繁に外出することが多くなりますが...

子どもを紫外線から守れ!親子共に使える紫外線対策アイテムをチェック!

  一昔前まではこんがり小麦色に日焼けした子供が健康的とも言われていましたが、今...

ケガ・応急処置の体験談

生後2か月ソファからの転落

私の不注意で二ヶ月のとき息子がソファーから落っこちてしまいました。うちは完母なのですが、その頃なぜか...

ハイターを!?動き出した0歳児は何するか分からない!?

先日8か月の次男がキッチンハイターを棚の奥から勝手に取り出してきて倒してひっかぶるという事件が......

カラダノートひろば

日焼けの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る