カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 予定外の妊娠 >
  4. 10代での妊娠はなぜいけない?学業、お金、若年出産などリスクとトラブルをまとめ

妊娠・出産

10代での妊娠はなぜいけない?学業、お金、若年出産などリスクとトラブルをまとめ

現代の傾向として、10代での妊娠は、避妊をせずに軽い気持ちでSEXをした結果、殆どが望まない妊娠で、70~90%が人工中絶をしているというデータがあります。10代での妊娠・出産にはどんなリスクがあるのでしょうか。

 

 10代で出産するという事は、身体的にもまだ未成熟なため、様々なリスクがあります。

 

望まない妊娠によるトラブル

また、初診の時期が遅れたことで、中絶できなくなって、実際は望んでいないまま出産しなければならなくなったケースも多いようです。

 

学業との両立ができない

学業との両立は難しいため、子育てするために学校を中退する場合がおおいようです。

 

孤立からの育児トラブル

同年代での出産経験者が少ないこともあり、相談相手がいない、孤立してしまう事で鬱になり、育児放棄をしてしまうなど様々な悲しいニュースが後を絶ちません。

未熟な身体での妊娠・出産のリスク 

10代の出産は若年出産と言われ、35歳以上の高齢出産と同じくらい周産期の死亡率が高く、出産のリスクが高いと言われています。医学的にも、早産や胎児の子宮内発育不全、妊娠高血圧症候群等の発症率が高いと言われています。

 

経済的にも未熟

未就業のため、妊娠出産の費用がそもそもありません。もしも出産して育てたいとなった場合には周囲の協力が不可欠です。

若くなればなるほど、妊娠や出産の知識がなく健康管理ができない、学業の途中であったり、未婚のままで出産する、経済的にも不安定など環境がきちんと整っていないなどの問題が出てくる場合があります。


妊娠推奨は18歳以上だが・・・

18歳以上で、適切な産科管理ができれば、成熟女性と同じように順調に妊娠が経過できると言われています。身体的にはOKでも、経済的な部分ではまだまだ未熟といえます。

若年出産はリスクも高いですが、きちんと計画をして妊娠・出産に臨む場合は、周囲の協力を得ながら、妊娠を望まない場合は、必ず避妊するなどの対策を行いましょう。

(Photo by:写真AC )

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予定外の妊娠に関する記事

若い出産は高齢出産と同じ?若年妊娠でも考えなければいけない「母体・赤ちゃん」への影響

「若いうちに子どもを産みたい!」と思う気持ちが大きい人もいるでしょう。 も...

予定外の妊娠の体験談

恐怖(笑)実家への妊娠報告◆授かり婚

最近ではあまり珍しい事でもなくなってきましたが、私たちの場合も結婚よりも子どもができてしまったのが先...

恐怖(笑)実家への妊娠報告②

前回はわたしの母への妊娠報告のお話をさせていただきましたが、今回は逆の彼氏の実家への妊娠報告のお話を...

カラダノートひろば

予定外の妊娠の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る