カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 夏の夜 >
  5. 「冷房」「お腹」「睡眠不足」夏風邪を引かないために気を付けたい寝方!

不眠・睡眠障害

「冷房」「お腹」「睡眠不足」夏風邪を引かないために気を付けたい寝方!

夏場に朝起きたら、だるい…風邪っぽいということは誰しも少なからず経験があると思います。

 

冬はマスクや加湿などで風邪対策をしますが、夏風邪にはどのように対策するのがよいのでしょうか。夏特有の風邪の対策を知っておきましょう。

 

冷房は効かせすぎないで!

冷房を効かせすぎの部屋があると夏風邪を引きやすくなります。そもそも夏は体も夏仕様になっていて、寒さへの対応がうまくできません。そしてそれ以上に危険なのが外気との温度差です。

 

外と部屋の中の温度差があまりにも大きいと、人の自律神経はそれにうまく対応できず、体温調節が上手にできなくなります。その結果自律神経が乱れ、免疫力が低下して風邪を引きやすくなります。

 

寝ているときは暑くてもお腹にタオル!

寝るときに暑くて、冷房や除湿をつけて寝るという人もいると思います。暑くて冷房をつけているのだから、布団なんてかける必要がないと思うかもしれませんが、お腹だけは冷やさないようにしましょう。

 

お腹が冷えるということは腸の働きが低下するということです。腸の働きが低下すると、食事に支障が出ます。夏だと栄養のとりづらい素麺などがあり、ついそういった食べやすいものに走ってしまうことになり、栄養が不足して体力も落ち、免疫が低下してしまうのです。

 

その結果風邪を引きやすくなります。どうしてもタオルケットなどをはいでしまう場合には、少し暑くても腹巻をして寝るとよいです。

 

睡眠時間は十分に!

夏は暑くてなかなか寝付けなかったり、眠っても暑さで起きてしまうことがあります。しかし睡眠を十分にとらないと、体が十分にその日の疲労を回復することができず、疲れを溜めてしまいます。疲れの溜まった体というのはもちろん、風邪のウイルスに弱いですから、夏風邪を引きやすくなってしまいます。

 

夏に引く風邪も冬に引く風邪も、いずれも風邪であることに変わりはありません。冷房も、お腹の冷えも、睡眠不足も夏だから仕方ないと済ませがちです。しかしそれで済ませていては、どんどん体力や免疫力が落ちて自分がつらくなってしまいます。夏風邪を引く前に、十分な対策を行いましょう。 

(Photo by://pixabay.com/)

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夏の夜に関する記事

何もなくても出来る!寝つけない夏の夜に試したい快眠術「寝息」と「笑い」

眠れないときの人の脳というのは、活発になってしまっています。特に夏の夜は暑さに...

夏の快眠のために!覚えておきたいエアコン利用法

 夏になると昼間はともかく、夜にもエアコンを使うかどうかを迷ってしまう方も多...


暑い夏だから寝ているときもクーラーを…これって大丈夫?就寝中のクーラーの悪影響

暑い夏は寝るのも一苦労。ついつい、クーラーをつけて部屋を快適にして寝てしまい...

エアコンがなくても夏の快眠を実現しよう!エアコン以外で涼しくなれる方法

夏はエアコン無しには絶対に寝られないという人も多いかもしれません。 しかし...

カラダノートひろば

夏の夜の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る