カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 風邪 >
  4. 「夏風邪を引いたかな?」と思ったその時に!ワイン・生姜・キムチで早いうちに対策を!

気になる病気・症状

「夏風邪を引いたかな?」と思ったその時に!ワイン・生姜・キムチで早いうちに対策を!

夏風邪のひきはじめに効くと言われているものを知っていますか?夏風邪を引いたかな?と思ったら食べたいものがあります。

 

夏風邪の症状

夏風邪を引くと、典型的な風邪の症状(のどの痛み、咳、初T熱、頭痛、鼻水など)の他に、夏風邪特有の下痢、腹痛といった胃腸系の症状もよく見られます。

 

特に前兆症状としてよく見られるのが、のどの違和感・痛み、寒気、だるさ、発熱などが見られます。

 

「夏風邪かな?」と思われる症状が見られた場合、早いうちに対策をすることで風邪を長引かせないで済んだり、軽い症状でとどめることができます。

 

では具体的にどのような対策をするのがよいのでしょうか。

 

夏風邪のひきはじめに効く少量のワイン

夏風邪のひきはじめに、少量の赤ワインが効くとされています。というのも、赤ワインというのは消炎作用のあるポリフェノールが多く含まれ、少量であれば体温を上昇させて、免疫力を活性化させてくれるのです。

 

ただし大量に飲んでしまうと、体温は上昇した後に低下してしまうので、あくまでも少量(20~30cc)にとどめることが大切です。

 

生姜もワインと同じく効果がある

生姜にも炎症を抑える作用と体温を上げる作用があります。そのため「生姜ワイン」にして飲むと、単品で摂取するよりも効果が期待されます。生姜ワインは赤ワイン20cc程度に生姜の汁を3、4滴入れるだけでできます。

 

キムチも夏風邪に効く

夏風邪に効く食事としては、キムチなどの発酵食品が勧められます。もちろん他の発酵食品でもよいのですが、キムチは特に発酵食品の王様で、腸の機能低下につけこむ夏風邪ウイルス対策としては効果的です。

 

もし夏風邪の前兆症状がすでに強くあって、キムチのような刺激物を食べるのがつらい場合には、納豆やヨーグルトなど食べやすいものでも構いません。胃腸があまり強くない人は、朝と晩などのように少し間隔をあけながら発酵食品を摂るようにしましょう。

 

なるべくひきはじめに対処してあげることで、体への負担は小さくなります。もちろんうがいをするなどの基本的な対策も大切です。その上で体の調子をしっかりと整えてあげるようにしましょう。  

(Photo by: //pixabay.com/)

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

風邪に関する記事

風邪をひいてるときのお風呂はOK?NG?風邪のときのお風呂の入り方

風邪のときにお風呂に入って良いのでしょうか? 風邪をひいているときは体の免疫機...

夏に胃腸風邪を引きやすい人は、ビタミンAとビタミンCの摂取が必須です!この食材で予防☆

夏になると胃腸風邪にかかる人が増えてきます。嘔吐、下痢が同時にきて相当辛い思い...


加湿器つき空気清浄機の効果とは?乾燥する冬のウィルス除去

  冬の寒くて乾燥する環境下では、ウイルスが活発に活動します。特に免疫力が弱い...

市販の「風邪薬を飲んで死亡」することがある!?他人ごとではない、風邪薬の怖いヒミツ

薬は正しく飲んでいるからといって、絶対に副作用が起こらないわけではありません。...

カラダノートひろば

風邪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る