カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 風邪 >
  4. その夏風邪への対応は間違っている!冬の風邪と同じ対処では夏風邪を悪化させるかも…

気になる病気・症状

その夏風邪への対応は間違っている!冬の風邪と同じ対処では夏風邪を悪化させるかも…

 

冬風邪への対処の仕方が、夏風邪では間違っているということがある場合があります。夏に引く風邪は特別に「夏」という文字をつけて夏風邪と呼ばれます。

 

「そうはいっても冬の風邪と同じでしょ?」と思うかもしれませんが、夏風邪は冬の風邪とは違う、夏風邪の特徴があるのです。 

 

ここでは夏風邪で間違ってやってしまいやすい対処をご紹介していきます。冬風邪とは違う点を知っておきましょう。

 

発熱や頭痛がある…解熱剤・鎮痛剤・風邪薬を飲もう!は間違っている!?

夏風邪の特徴をあらわす言葉として「お腹にくる風邪」と言われることがあります。夏風邪は冬の風邪と違って、下痢や腹痛といった胃腸障害が出ることが多いのです。

 

これに対して市販の解熱剤や鎮痛剤、風邪薬には胃腸障害や便秘を起こしやすいものがあります。これによって胃腸障害に拍車をかけてしまったり、下痢をとめてしまったりします。特に下痢はウイルスの排出に必要なことですので、それが止まってしまうと、ウイルスが体の中から出られなくなり、風邪が長引くことになります。

 

「風邪だからマスクをしなきゃ」はもしかしたら夏風邪を悪くしているかも!

冬には風邪を引いたら他の人にうつさないようにマスクをしますよね。もちろん感染防止という意味でマスクをするのは、夏風邪でも間違っていません。ですが、気をつけたいのは夏風邪を引き起こすウイルスの特徴です。

 

夏風邪を引き起こすウイルスは、夏の高温多湿な環境でよく活動するウイルスです。マスクをするとのどの環境はどうなるでしょうか。こもった空気によって温度が上がり、湿度も保たれますよね。その環境をウイルスは好むのです。

 

とは言っても感染防止の目的も非常に重要です。そのため、マスクをする際は早めに交換し、常に清潔なものをつけるようにしましょう。

 

風邪を引いたら汗をかいてはやく治す!は危険かも!

風邪を引いたら暖かくして、汗をなるべくかいて治そうとするかもしれません。しかし夏にこれをするのは危険です。

 

夏はただでさえ周りが暑い環境です。そんな中で無理に汗をかいていると、体力を消耗しやすく風邪のウイルスが優勢になってしまうかもしれません。そしてそれ以上に脱水症状に陥りやすいのです。

 

そのため無理に汗をかく必要はなく、十分に水分をとって、しっかりと睡眠をとり、体力を回復することが重要です。

 

風邪は飛沫感染に注意!だけではない!

風邪というと咳やくしゃみからの飛沫感染が想像されると思います。ですが、夏風邪は冬の風邪と感染の仕方が少し違い、多く見られるのは経口感染なのです。ですから、家族内での手洗いうがいや、タオルなどの使い回しを避けることが必要です。

 

特にトイレや洗面所のタオルというのは湿って汚れています。こうした環境はウイルスが繁殖しやすいですので、別々のものを使うようにしましょう。

 

冬の風邪と同じと思っていると、もしかしたら夏風邪を悪化させていることになるかもしれません。たかが風邪と思わずに、正しい夏風邪への対処の方法を知っておきたいですね。 

(Photo by: //pixabay.com)

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

風邪に関する記事

風邪だけじゃない!あらゆる病気を引き起こす「口呼吸」っていったい何?

口呼吸をしていると、風邪をひきやすくなるという話を耳にしたことがある人もいるで...

大人の夏風邪から"咳だけ"が残る…その咳の原因は「夏風邪の残り」ではなく「他の病気」かも…

風邪というと冬のものですが、夏でも夏風邪を引くことがあります。夏の風邪は胃腸に...


乾燥には注意!せん毛運動を低下させないためにできる工夫

  風邪を引いたとき、喉の中では普段免疫のために働いているせん毛の多くが死んでい...

うがい手洗い「目薬」!?「除湿」!?夏風邪の予防法は、冬の風邪と違うって知ってた?

  夏の風邪予防を正しくできているでしょうか?夏風邪の予防法は、冬の方法とはちょ...

カラダノートひろば

風邪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る