カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 冷え性 >
  4. 対処法 >
  5. グッズ >
  6. 雨の中外出するとき…夏でも雨に当たれば体が冷える…雨の日の冷え対策は万全に!

女性のカラダの悩み

雨の中外出するとき…夏でも雨に当たれば体が冷える…雨の日の冷え対策は万全に!

 

夏は夕方ころ突然の雨に降られることもしばしばです。雨に濡れれば当然、体が冷えます。濡れたまま冷えたオフィスに入ったならば、なおさらのことです。雨に降られるということは、冷えにつながる重大な事項です。しっかりと冷え対策をして出かけられるとよいですね。

 

雨の日に外出する際は、雨にあたって体が冷えることを想定しておきたいもの。以下のように服装に気をつけましょう。

 

水を吸う素材の服はNG

上だけでなく下に履くものに対しても言えることですが、水を吸収しやすい素材はNGです。ニット素材のものは温かく、冷え対策をしているように見えますが、雨にあたって水を吸うと水分をどんどん吸収して冷えの原因になってしまいます。

 

一番いいのは水をはじく素材の服です。他には水を吸ってもすぐ乾くような綿などの素材の服がよいでしょう。

 

暑くてもなるべく長そで

雨が直接肌にあたると、その分だけ肌の温度が奪われてしまいます。そのためできるだけ長袖を着て雨を防ぐのがよいです。もし半袖で肌が濡れてしまった場合には、室内に入ってすぐに水分をぬぐうようにしましょう。

 

下には何をはけばいい?

下半身に見につけるもので最もダメなのがスカートです。素肌をさらす部分が多いので、体温が奪われてしまいます。またジーンズもいったん濡れると乾くのに時間がかかります。できれば乾きやすい綿素材のパンツやレギンスを選ぶとよいでしょう。

 

足元はできればレインブーツ

足元のチョイスで最も適しているのは言うまでもなくレインブーツです。素足がほとんど出ているサンダルは足先から冷えてしまいますし、スニーカーも水をよく吸ってしまうのでよくありません。

 

見落としがちな手

傘をさしていても傘を持つ手が濡れてしまうことは多いです。手も冷えにおいては非常に重要な場所です。手袋をすることもよいですが、夏に手袋というのもちょっと難しいですよね。その場合には、手まで覆えるカーディガンなどで手を保護できるとよいでしょう。

 

 

雨の日に濡れるのは仕方がないですが、体が冷えてしまうかどうかは、対策次第で変わります。服装の他にもタオルを持っておくことや、靴下の替えを持っておくことで、冷えを軽減できますので、しっかりと準備をして外出しましょう。

 

 

 

(Photo by: //pixabay.com/)

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

グッズに関する記事

内臓型冷え性予防のために知っておきたい、夏場のクーラーとの付き合い方

内臓型冷え性では内臓が冷え、その影響でお腹を触るとひんやり冷たいのが特徴です...

末端冷え性で寝ているときは靴下…実はNG!その理由とは?正しい足の温め方

冬は末端が冷えやすいことから、末端を温める対策をする方も多いです。 特に女性は...


夏のオフィスの足先冷え対策!段ボールが意外と足を温めるグッズになるって知ってた?

  冷房が効いたオフィスでは、自分のいる場所だけでも温かくしたいと思いますよね...

暑苦しいのは嫌!冬とは違う、夏の冷え性解消グッズ

  最近増えているのは夏の冷え性です。夏でも冷房があることによって冷え性を起こ...

カラダノートひろば

グッズの関連カテゴリ

グッズの記事ランキング

人気体験談ランキング

女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る