カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. うっ血性皮膚炎 >
  5. すぐに顔が赤くなってしまう!自律神経が原因で起こる赤ら顔の原因と治療法とは

気になる病気・症状

すぐに顔が赤くなってしまう!自律神経が原因で起こる赤ら顔の原因と治療法とは

冬に外へ出るだけで頬や鼻が赤くなる、緊張すると顔が赤くなるなどの事を赤ら顔と言いますが、周囲の人が思う以上に、本人は気にしている場合も多いようです。メイクで隠してみてもメイクが浮いたり、自分なりに努力をしているのにあまりうまくいかないという方もいるかもしれません。

実は、この赤ら顔の原因は自律神経が関係しているようです。

 

(赤ら顔の原因)

皮膚の上部を表皮と言い、表皮の下の層を真皮と言います。真皮には、毛細血管高密度で存在しており、特に頬には縦横にたくさん走っているので、普通の人でも火照ったりしやすいのです。

また、交感神経緊張すると毛細血管が拡張してうっ血した状態になり、皮膚が赤く浮き上がります。これは、自律神経が関係していると言われています。毛細血管を流れる血液表皮の上から見えるのですが、表皮が薄いと赤みが目立つようになります。特に敏感肌の人は、表皮が薄く、温度差や環境などで、皮膚への刺激が真皮に伝わりやすく、顔のほてりや赤みが目立つようになってきます。人体は一定の体温を維持していますが、外気温度が急激に下がると体温を上げようとして血液を一気に流そうとするので血管が拡がり、毛細血管密度の高い顔の、特にが赤くなってしまいます。

 

また、緊張したり恥ずかしいと思ったりするだけで自律神経が働いて赤くなる人もいます。血管の拡張収縮自律神経が行っているので、赤ら顔の原因は自律神経が原因となっていることが多いようです。

敏感肌の人は皮膚も薄く赤ら顔になりやすいと言いましたが、敏感肌は様々な肌トラブルを起こしやすいので、ニキビや皮膚炎を起こしやすくなります。この肌トラブル赤ら顔の原因と言われています。

 

 

赤ら顔の人は、まず、敏感肌を改善して薄い表皮を保護する事が大切です。正しいスキンケアで気になる赤ら顔の対策を行いましょう。

 

 写真://www.ashinari.com/2013/06/22-379391.php?category=372

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

うっ血性皮膚炎に関する記事

赤ら顔よさようなら・・・赤ら顔の様々な原因と解消法!

赤ら顔の赤さの原因は血液が表皮を通して赤く見えることです。その赤ら顔の発生に...

ほっぺが赤くなるのはなぜ?敏感肌の赤ら顔を治す方法!

冬の寒い時期に特に気になる赤ら顔ですが、「顔が赤いよ」と言われるだけで恥ずかし...


顔が赤くなってしまった時はどうしたら治る?自分でできる赤ら顔の対処法

注目を浴びたり、緊張する場面で顔が赤くなってしまったことはありませんか。赤ら顔...

カラダノートひろば

うっ血性皮膚炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る