カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 対処法 >
  5. 薬・サプリ >
  6. 大豆のアンチエイジング効果知っていますか?大豆で更年期症状を緩和できる!

女性のカラダの悩み

大豆のアンチエイジング効果知っていますか?大豆で更年期症状を緩和できる!

 

古くから日本人の食生活を支えてきた大豆は、

アンチエイジングに役立つ成分の定番として人気です。

 

 

大豆にはたくさんのイソフラボンが含まれており、

女性ホルモンに近い作用を持っていて、下記の作用があります。

・骨を強くする
・肩こりや顔のほてりなど更年期に女性が感じやすい症状の緩和
・肌老化を改善する
・肥満を防ぐ

 

毎日、大豆製品を食べると便通が良くなり、顔のしわが少なくなり、

頬あたりが艶ツヤした感覚になりますね。

 

それ以外にも、血中の余分なコレステロール中性脂肪を減らしたり、
血糖値の急上昇を抑えたりする効果がある大豆たんぱく質は、
肥満気味の中年成人がスリムな体型になりたいと希望しながら、
食欲を満たすには適しているとさえ、言われています。

 

さらに、善玉ホルモン、アディポネクチンの分泌を促し、
気になる乳がん予防に役立つことも医学的に検証されています。

 

大豆の味は癖があるので、食べるのがあまり好きでない場合、
サプリメントに頼りがちですが、

サプリメントで特定成分だけを取り入れるのでなく、
大豆食品を食べた方が、様々な栄養成分を同時に
とれるので、健康に役立ちます。

 

できれば朝と晩1日2回、大豆パワーを取り入れて、

健康的な生活を送るようにすると効果的です。

腸から取り入れたイソフラボンは血中に取り入れられますが、

約8時間後には半減してしまいます。

常にイソフラボンを体内に保つには時間をずらして

2回取るのが良いとされています。

 

知らなかったのですが、イソフラボンは大豆の胚軸の部分に

多く含まれ、納豆や大豆を丸ごと加工したきな粉

含まれているという話です。

きな粉がかかったデザート和菓子などを嗜まれるのも、

気分が落ち着くと同時にイソフラボンを効率よく取れるので、

お薦めです。

 

忙しい朝は食べやすい豆腐、夕食は納豆を献立に加えたり、

足りない分は豆乳を飲むといった工夫をして、

1日75ミリグラムを限度として、大豆を食べて

ホルモンアップを促進していきましょう。

 

(Photo by //www.igosso.net/se.cgi?q=%E5%A4%A7%E8%B1%86&sa=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lid=1&lia=1&lib=1&lic=1

 

著者: シッポさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

薬・サプリに関する記事

マカで更年期障害予防&改善!マカの効果と栄養素について

  更年期になり、女性ホルモンの分泌が減り、バランスが崩れると、いらいら、...

更年期の肩こりには抗不安剤!?更年期で起こる肩こりの悪循環とは

更年期になって体の不調を訴えることはよくあります。中でも更年期になって肩こりが...


更年期障害の対処法 漢方で更年期障害を乗り切る!

更年期障害の治療法の一つ、漢方についてお話します。   1.『体のほてり...

更年期に効くサメ肝油サプリ

  女性は、40代半ばから急激にホルモン力を失い、自律神経の乱れによって更...

カラダノートひろば

薬・サプリの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る