カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. その他 >
  4. 夏特有の激しい温度差にお手上げ!冷房病になってしまったらどうすればいい?

健康診断・健康管理

夏特有の激しい温度差にお手上げ!冷房病になってしまったらどうすればいい?

夏特有の高い気温は、とても体に負担になり、熱中症・日射病などの病気を引き起こしてしまいます。
体を守るために室内だけでも涼しく!と対策を取られている方は沢山いますが、室内が寒いと感じるほど冷房の温度を下げてしまうと、かえって体をこわしてしまう原因になります。
 
激しい温度差を感じると体はその温度差についていけず、体調を崩してしまいます。夏特有の冷房病になってしまった時にはどうしたら良いのでしょうか?
 

◆まずは体を温めること!

体が冷えてしまった事で外気との温度差から冷房病を発症してしまいます。よって、体の調子を整えるためには、とにかく、これ以上の寒さを感じないことです。冷房はすぐに止め、冷房が体にあたる環境から抜け出してください。
そして体の内側からも、外側からも、温めることが重要です。ポカポカと温かくなるような格好・飲み物を取り入れましょう。
 

◆血液の巡りを良くさせる食事を摂る。

血液の循環を良くさせたり、辛みのある料理で発汗・血流の促進などをはかってみましょう。血液の流れが良くなると、体の体温も上がりやすくなり、体の免疫機能をはじめ、様々な機能がより良い働きをするようになります。適度の汗をかき、体の芯からあたたまることで、冷房病対策になります。
 

◆冷房病の時こそ半身浴!

もちろん半身浴にこだわるわけではありませんが、とにかく入浴をする!ということが大切です。それも短い時間でササッと入浴を済ませてしまうのではなく、じっくりゆっくりと浸かれるように、長風呂をすることがベストです。
 
これも体の芯からあたたかくなるようにという意味が込められています。長くお風呂に浸かる場合には、胸元までしっかりと湯船に浸かってしまうと、息苦しく、すぐに上がりたくなってしまうので、半身浴が体への負担も少なく、良いと考えられます。
 
冷房を浴びることで、冷え切ってしまった体が、外出をすることによって太陽の激しい暑さにさらされ、その温度変化に体がついていけない・・・という状態が最も病気を引き起こす状況です。このような事がないように、衣類や家での過ごし方を改善し、出来るだけ温度変化を感じないような取り組みをしていきましょう。
 
(Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

病は気から?思い込みのプラシーボ効果とは

  小麦粉を良薬と偽って飲ませたら病が治ったというのはうそではありません。これ...

神経毒テトロドトキシンを持つ危険な生物

  全身に麻痺症状を引き起し、呼吸停止にして死に至らしめる恐ろしい神経毒テ...


案外知らない?救急車を呼ぶ上での注意点とは

           誰かが突然倒れたりあるいは事故に遭った時など、救急車を呼ば...

ストレスフルな生活を送る現代人必見!ストレスが内臓に及ぼす影響って?

  本当は内臓アンチエイジングがストレスによって引き起こされているかもしれ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る