カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 治療 >
  5. 諦めないで!治療次第では早発閉経でも妊娠が可能に・・・!?

女性のカラダの悩み

諦めないで!治療次第では早発閉経でも妊娠が可能に・・・!?

閉経とは、卵巣の機能が消失してしまった状態で、一般的には50代の女性が多いですが、40歳以下で閉経してしまう事を早発閉経と言います。早発閉経の場合は、治療を行わない限りは、回復の見込みはないとされています。40歳以下といえば、まだ子供が欲しいと妊娠を希望する人もたくさんいます。どのような治療法があり、どうすれば妊娠できるようになるのでしょうか。

 

(早発閉経の原因)

若い女性に多い、無月経度のストレスダイエット卵巣機能が休止している状態で回復する見込みは十分にありますが、早発閉経は、卵巣の機能が消失した状態なので、治療を行わない限りは、卵巣機能の回復はありません。したがって、妊娠する事は出来ないという事になります。この早発閉経は20や30代などでも見られ、これから妊娠を希望する人も多いですが、なかなか難しいのが現実です。

早発閉経の原因は、今のところ、殆どは原因不明と言われています。最近では、過度のストレス無理なダイエット喫煙習慣も早発閉経に関係しているのではないかと言われています。

検査で、40歳以下半年以上の無月経の状態が続き、血液検査エストロゲンの数値が低く、ゴナドトロピンが基準値より高ければ早発閉経と診断されます。

 

(早発閉経の治療法) 

早発閉経の治療法は基本的にホルモン補充療法で、妊娠を希望する場合には、黄体ホルモンエストロゲンの補充排卵誘発剤を使った治療を行います。

また、妊娠が難しいとされる早発閉経の患者から卵巣を取り出し、冷凍保存した後で、卵巣から卵子を培養して体外受精を行い、患者の子宮に戻して妊娠させる方法で、3人中2人が妊娠したという報告があります。

 

 

早発閉経だからと言って、妊娠を諦めるのではなく、治療を続けることで妊娠する事ができる可能性があるので、早めに適切な治療を受けるようにしましょう。

 

写真://www.ashinari.com/2014/06/01-388613.php?category=5

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

つらい更年期障害に効果的!ホルモン療法ってどんなもの?

■女性だけではない更年期障害 更年期障害は女性がなりやすい、加齢による様々...

「更年期高血圧」に大事にしまっていた母子手帳が役立つ!?更年期高血圧症の予防方法5つ

過去の妊娠期の『高血圧症』の有無が、更年期の『腎障害』に繋がるといわれています...


信じられない・・・こんなに早く閉経してしまうなんてどうしたらいいの?

平均の閉経年齢は50歳と言われています。しかし、近年、30代や40代の前半で...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る