カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 症状 >
  5. これって若年性更年期?もしかして早発閉経なの?早発卵巣不全について

女性のカラダの悩み

これって若年性更年期?もしかして早発閉経なの?早発卵巣不全について

近年、若い女性が閉経になる早発閉経が20~30代で広がっていると言われています。普通、閉経というと、40歳後半~50代というイメージがありましたが、若い世代での閉経が増加しています。早期発見ができ、治療を行うと回復する場合もあると言われていますが、このような恐ろしい病気はなぜ起こるのでしょうか。

 

早発閉経ってどんな病気?

早発閉経は、早発卵巣不全と言い、通常よりも早く排卵が止まる状態のことを言います。これは、卵子が若いうちになくなってしまうか、卵子はあるのに卵の発育が障害されて卵巣機能が働かなくなってしまっており、20代~30代の若い年齢で、卵巣年齢が閉経年齢に達してしまっている状態になります。

 

この早発卵巣不全になると、妊娠の可能性がかなり低くなります。きちんと治療を行えば、妊娠も可能なので、可能性はゼロになる訳ではありません。

 

早発閉経での症状

女性ホルモンの分泌が減少する事によって、更年期障害のような症状が現れるのが特徴です。代表的な症状としては、自律神経調整機能の変化に伴う、ほてり、のぼせ、多汗、顔だけ汗をかく、息切れ、動悸、めまいで、情緒不安定やイライラ、怒りっぽくなるなど精神症状も見られます。

 

また、平均50歳より早く閉経する人は、骨粗しょう症や脳梗塞が発症する可能性が高く、心臓疾患系に影響を及ぼし、死亡する可能性が高いといわれています。

 

喫煙女性は早発閉経のリスクが高まると言われており、平均50歳と言われる閉経が、10年も早まるリスクが2倍になり、受動喫煙の場合でも閉経のリスクが高いとされています。

 

閉経する年ではないけど、更年期障害のような症状がある場合は、早発閉経を疑って婦人科で早めの検査を行い、正しい治療を受けましょう。

 

「女性のカラダの悩み」で人気の記事はこちら

●更年期には不正出血が多いって本当?なぜ?どう対処すればいい?

 

(写真://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

更年期・ストレス・紫外線…悪循環で進行していく更年期のしわ・たるみの予防法

更年期になると急にシワが増え、肌がたるんだように感じないでしょうか? 年齢のせ...

あなたは大丈夫?若年性更年期障害で悩む人が急増しています!

閉経は通常40代後半から50代です。その前後10年間が更年期症状が出ると言われ...


緊張型頭痛、偏頭痛…更年期になって悪化する頭痛症状まとめ

更年期症状として代表的なものの一つが「頭痛」です。 頭痛は日本では多くの人が、...

更年期をきっかけに腰痛が悪化…自分でできるケアは?骨粗しょう症の可能性も…

更年期の症状というと、どんなものが挙がるでしょうか? 更年期症状の代表とも言え...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る