カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 冷え性 >
  4. 対処法 >
  5. 冷房病にならないための対策と予防について!~夏の体調不良~

女性のカラダの悩み

冷房病にならないための対策と予防について!~夏の体調不良~

冷房病にならないためには、まずは予防する事が大切です。冷房に強い体を作って冷房病に負けないようにしましょう。

 

(冷房病の症状)

冷房病の重度化には段階があり、最初は冷房により身体が冷やし始められ、末梢の血管が収縮し手足の先が冷たくなります。そこからお腹や腰が冷えて、胃腸障害や月経不順など内臓の冷えを引き起こします。最終的に体全体に冷えを感じるようになり、ふらつきやめまい、イライラなどの症状が起こります。

 

(冷房病から身を守る方法)

上記のような症状になる前に、予防をしましょう。冷房病は、体温調整機能の自律神経が障害されて汗が出にくくなる事が原因なので、汗をかくことが重要です。冷房のせいで機能が低下してしまった汗腺を復活させて、自律神経を刺激すると汗をかきやすくなります。

汗をかくには、半身浴やサウナが効果的で、汗の出にくい人は、お湯の中に少し塩を入れると汗が出やすくなります。

 

次に気を付けたいのは、なるべく冷やさないように温かくすることです。特にお腹を冷やさない事が重要です。夏でも、冷房対策のために腹巻をしたりお腹まわりが冷えないようにしましょう。ひざ掛けなども活用しましょう。

体内から体を温めるために、食べ物にも気を付けましょう。アイスコーヒーや牛乳、冷たい水、生野菜や果物は体を冷やしてしまうので気を付けましょう。体を温める食材は根菜や生姜やキムチが効果的です。暑さで食欲がない場合でも、食べやすい冷たい麺ばかり食べないで、温かい食事を摂るようにしましょう。

冷房の設定温度は、外気温との差が5℃以内になるように設定すると良いです。28℃前後が最適な温度です。

 

以上のことに気を付けて、日ごろから冷房に負けない体を作り暑い夏を乗り切りましょう。

 写真://www.ashinari.com/2014/05/04-388408.php?category=2

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法に関する記事

ほとんど熱さや痛みを感じない?セルフお灸で冷えを改善!

  近年、自宅で行うお灸が人気です。血の巡りを良くするお灸は冷え性対策にも最適...

冷え性対策!身体を温める食べ物をあなたはどれくらい知っている?

  冷え性になる人の多くは、自律神経失調体質に当てはまると言われています。自立...


食事や服装もポイント!熱をムダにしないで冷え性予防と対策

  ここでは、せっかく健康なのに、熱を無駄遣いすることで体が冷えてしまっている...

血液の流れが悪い?めぐりが悪いタイプの冷え性の原因と対処法

  「冷え性」とひとくちにいっても、冷えている原因はいくつかに分けられます...

カラダノートひろば

対処法の関連カテゴリ

対処法の記事ランキング

人気体験談ランキング

女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る