カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. メンタル >
  5. うちの子は人見知り?!それとも、もしかして場面緘黙症(選択性緘黙症)?

育児・子供の病気

うちの子は人見知り?!それとも、もしかして場面緘黙症(選択性緘黙症)?

家族や、友人と一緒の時は問題なく話をするのに、幼稚園や学校などの特定の場所に出ると全く話ができない状態になる事を緘黙症と言います。特に脳や言語能力は正常で、特定の場所で全く話さなくなることを「場面緘黙症」と言い、生活の場所全般で話すことができない状態を「全緘黙」と言います。

 

緘黙症の症状と診断

場面緘黙症は、特定の場所以外の場所では、普通に話ができるので、「大人しいだけで気にしなくて大丈夫」「学校や幼稚園でも大人しいだけで、問題ない」と言われたり、「一人で遊ぶのが好き」など勘違いされやすいのですが、それが顔に出ないので、大人からは見落とされがちです。この場面緘黙症は恐怖症とも言われる不安障害の一種で、自分が話す事や人からの視線に恐れを感じているので、本人はとにかく不安で仕方がない状態なのです。

 

場面緘黙症の診断は、DSM(精神疾患の診断・統計マニュアル)で、選択性緘黙という名前で記載されています。

 

・家などでは話すことができるにも関わらず、ある特定の状況では一貫して話すことができない

 

・この疾患で、子供は学業上の成績または、社会的な交流の機会を著しく阻害されている

 

・学校が始まって最初の1か月に限定されずに、上記のような状態が1か月以上続いている

 

・話すことができないのは、その子が、その場面において、必要と思われる話し言葉を知らない、うまく話せないという理由からではない

 

・コミュニケーション障害(吃音症など)では説明できない、また、発達障害や統合失調症、その他の精神性障害の経過途中ではない

 

場面緘黙症は、一見、恥ずかしがり屋のひどい状態のような感じですが、恥ずかしがり屋と大きく異なる点は、症状が強く長期にわたって続くことです。長引くと、うつ症状や不登校になりやすいので、少しでもおかしいなと思ったら病院で検査をしてみましょう。 

 

 写真://www.ashinari.com/2013/02/05-376032.php?category=51

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

メンタルに関する記事

子どもにもあるPTSD(心的外傷後ストレス障害)

  PTSDとは心的外傷後ストレス障害という病気です。 ●PTSDの原因 PT...

ストレスから発症することも:チック

  チックとは 一種の癖のようなもので、乳幼児期から学童期にかけ、成長・発達...

メンタルの体験談

次女2歳がチック障害に?きっかけや原因、症状について

2歳3か月になる次女。 先日からまばたきが強いというか、ギュッ、ギュッという感じのまばたきをするよ...

3歳で自閉症スペクトラムと診断。突然わが子が障害児と診断されたら

息子が3歳で自閉症スペクトラムと診断された医者には、 「お母さんがまず自閉症について勉強してくださ...

カラダノートひろば

メンタルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る