カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. メンタル >
  5. 場面緘黙症って治るの?もし、子供が緘黙症になったらどうすればいい?

育児

場面緘黙症って治るの?もし、子供が緘黙症になったらどうすればいい?

場面緘黙症は、家では普通に話すのに、学校や幼稚園などの特定の場所で全く話をしなくなるという心因性の病気です。日本ではまだ馴染のない病気ですが、欧米などではこの緘黙症は恐怖症として扱われ、子供の深刻な病気として考えられています。重度の緘黙症が出ない限り、学校や幼稚園などでのかかわり方で、ある程度は改善されると言われています。

 

(緘黙症のかかわり方)

場面緘黙症の原因については、はっきりとは分かっていません。場面緘黙症の発症には、本人の気質、家族の気質、新しい環境や文化への適応の問題、家族以外の人間と関わる頻度など様々な要因が挙げられます。発症時期は2歳からですが、実際に治療が開始されるのは、小学校入学後の6歳~8歳となっています。緘黙症という病気が認知されていないため、診断時期や治療時期にバラつきが見られます。

 

場面緘黙症は、病院へ行って適切な治療法を用いると1~2年で抜け出せる子供が多く、長期にわたる方が少ないと言われています。また、時間の経過とともに自然に治る場合もあれば、放置したり、間違った対処法を続けると、症状が長引いて成人後まで続く場合もあります。早期発見して、正しい治療を行うことで早く緘黙症から抜け出せるのです。

 

(緘黙症の治療方法)

病院での専門家の治療方法は、行動療法・認知行動療法・薬物療法が一般的です。

このような専門的な治療法と同時に、一番の発症場所となっている学校や幼稚園においてまずは、親と先生が一緒になって緘黙症の理解を深めること、緘黙症は恐怖症の一種であることから、不安や恐怖を取り除き自信を付けさせて環境に適応できるように導く体制を作る事などを念頭に置いて治療に専念する事です。

 

周囲がフォローしながら、焦らず少しずつ時間をかけて不安をなくして行くことが緘黙症の治療には大切なことです。

写真:http://www.ashinari.com/2013/02/28-376720.php?category=51

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

メンタルに関する記事

子どもにも大人にもみられるゲーム依存症!恐ろしいその症状とは?

  テレビゲームが出始めた時代から子供がゲームに夢中で勉強しなくて…といった会話...

心身症と精神障害は違うの?

子どもがストレスによってかかる病気は、神経症、精神障害、心身症に分かれていま...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

メンタルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る