カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 高齢出産 >
  4. 男性 >
  5. 男性の年齢にも出産適齢期がある!高齢の父親にはどんな出産リスクがあるの?

妊娠・出産

男性の年齢にも出産適齢期がある!高齢の父親にはどんな出産リスクがあるの?

高齢出産のリスクとは、女性に原因がある・女性の生活に大きく関係している・・・と思われています。
それは間違いではないのですが、中には「父親は関係ない」や「父親が高齢でも問題ない」などの誤った認識をされている方も多くいます。

 

そう、高齢出産には、実は女性だけでなく、男性にも関係があるとされているのです。
ではそれはどんなリスクなのでしょうか。
 

高齢の父親の子供にかかるリスクとは?

女性は30代半ば・後半になると、高齢出産だと言われ、様々なリスクがのしかかってくるという話は沢山聞くことがあります。
しかし男性が高齢の場合の高齢出産とは、あまり耳にしません。

 

よって、男性の年齢はお子さんの先天異常や精神疾患に問題がないと考えられてきましたが、近年、アメリカの医科大学研究者が「40歳以上の男性は、30代以下の男性と比較して、自閉症の子供が出生する確率は約6倍にもなる」と報告されました。

 

これを機に、男性の年齢にも出産適齢期があることなどが話題となり、40歳以上での出産の場合、精神疾患や、手足の奇形などが起こる先天異常アペール症候群などの突然変異が起こりやすいと発表されたのです。

 

リスクの低下は健康な精子?

女性にとって結婚したパートナーが高齢であった場合、聞きなじみが無いにしてもお子さんに身体的・精神的なリスクを抱えさせてしまうかもしれない・・・という心配がある方も多くいます。
 
そのため、女性が妊娠適齢期の年齢であっても父親の年齢が高齢だった場合、染色体異常の検査をされる方は珍しくありません。
男性の場合、高齢出産のリスクの源として考えられるものはただひとつ、精子です。
女性であれば卵子だけでなく卵巣・子宮なども関わってきますが男性の場合には精子そのものが問題になります。
 
精子は年齢によっても衰えていきますし、長い間射精をしなかった場合にも、体内で精子細胞が奇形化してしまいます。
健康な精子を作り出すためには、毎日の食事・適度な運動・規則正しい生活・新鮮な精子を作るための射精は必要不可欠です。
とくに父親となる男性の年齢が高いとすれば、より健康な精子が必要です。
 
いろんな考え方や、捉え方、調べる方法や検査などがありますが、こればかりは神のみぞ知るとも言える問題であり、日本の法律では胎児の奇形や障害を知り、それが元で中絶をするという選択は違法になります。

 

唯一言えることは、男性にも妊娠適齢期があり、精子も老化があるということです。
リスクそのものは一該には言い切れませんが、精神的な疾患や、奇形などが多いと報告されています。

 

(Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

男性に関する記事

まさか!高齢の父親が子供の精神疾患に影響している?!

近年、晩婚化が進み、高齢出産が増えてきました。高齢出産が増える一方で、産まれて...

父親が高齢の場合は考えておきたい…男性が高齢の場合の出産に伴うリスクは何がある?

実際に産む女性とともに、男性にも高齢であることのリスクはあります。 実際に...

高齢出産の体験談

海外で出生前診断 37歳で初めての妊娠&出産

みなさんは出生前診断されましたか?? 出生前診断をすることには、いろいろな意見があると思います。日...

40歳と42歳で出産!羊水検査は必要?高齢出産を経験して思う事

私自身4人の子供達がいます。 上の2人は若い頃に出産しました。下の2人はまさしく高齢出産です。 ...

カラダノートひろば

男性の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る