カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 高齢出産 >
  4. 2人目の出産時に高齢、どんなリスクがある?初産も経産婦もリスクは同じ?

妊娠・出産

2人目の出産時に高齢、どんなリスクがある?初産も経産婦もリスクは同じ?

最初の妊娠出産が例えば20代・30代前半だったとして、2人目の妊娠出産が30代後半・40代だった場合・・・母子ともにリスクが発生すると言われています。
初産での高齢出産とはまた違う、2人目での高齢出産。
一体どんなリスクがあり、初産と経産婦ではどんな違いがあるのでしょうか?

 

染色体などのリスクは初産も経産婦も同じ!

現在、日本で高齢出産だと言われている年齢は35歳以上で、さらに初産である女性が対象とされています。
よって、2人目以降の出産であれば、年齢が35歳を超えていても高齢出産の対象としては見られないケースがあります。

 

「初産ではなく経産婦だから問題ない」と思ってしまうかもしれませんが、母体の身体的な負担が多少、初産に比べ経産婦の方が楽だとされることを示しているだけで、胎児の染色体異常に関してのリスクは初産でも経産婦でも同じだということがわかっています。

 

なぜ初産でも経産婦でも染色体異常のリスクは同じ?

初産でも経産婦でも、お子さんの染色体異常や先天異常・奇形などのリスクが同じだとされる理由は、卵子の老化にあります。
卵子は女性が生まれた時にはすでに体内に備わっているものです。
よって、女性が加齢していくと同時に卵子も同じように年を重ねていきます。
これは初産でも経産婦でも卵子の年齢に差は無いので、高齢になればなるだけ卵子の質は悪くなってしまいます。

 

高齢出産にはリスクがあると言われる意味として、卵子の老化が注目されますが、これは何人産んでも初産であっても、卵子そのものに出産歴は関係ありません。

 

2人目出産時に言える、初産にはないリスクとは?

1人目の出産から3・4年ほど間を空けてしまうと、子宮の広がり・子宮口の開きやすさ・骨盤の柔軟性は薄れてしまい、1人目の出産と大差ないだけの負担がかかると言われています。

 

1人目の出産から1・2年の間に2人目の出産をすれば、一度広がった子宮や子宮口・骨盤などの柔らかさは残っているのですが、ブランクが空くと初産とは大差ありません。

 

しかし、リスクとして挙げられるものは、加齢に伴う精子・卵子の老化や体力の低下です。
高齢ともなれば出産には莫大な体力を使いますし、回復にも時間がかかります。

 

さらには、年齢が高いと卵子や精子の遺伝子にも支障をきたしてしまい、細胞分裂が正常におこなえなかったり、授精そのものが出来なかったりというリスクも生まれます。
 
加齢による問題は、正直手を打てないのが現実です。
高齢での出産は20代での出産とは大きく違い、母体にも大きな負担を与えますし、お腹の赤ちゃんも生まれてくるまでに時間がかかってしまうこともあります。
様々なリスクを考えると、分娩自体は町の小さな産院ではなく、何かあった時にすぐ対応出来るよう、大きな病院で出産されることをオススメします。

 

(Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

高齢出産に関する記事

高齢出産=リスクばかり?! 高齢出産の利点とは?

  35歳以上の出産に当たる、高齢出産。 何かとリスクが伴い危険が多い...

高齢出産を控えて、妊娠高血圧症候群になってしまった…どうしたら良い?!

   もし産院で「妊娠高血圧症候群です」と言われてしまったら・・・。そんな不安...

高齢出産の体験談

海外で出生前診断 37歳で初めての妊娠&出産

みなさんは出生前診断されましたか?? 出生前診断をすることには、いろいろな意見があると思います。日...

40歳と42歳で出産!羊水検査は必要?高齢出産を経験して思う事

私自身4人の子供達がいます。 上の2人は若い頃に出産しました。下の2人はまさしく高齢出産です。 ...

カラダノートひろば

高齢出産の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る