カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 高齢出産 >
  4. 高齢出産を控えて、妊娠高血圧症候群になってしまった…どうしたら良い?!

妊娠・出産

高齢出産を控えて、妊娠高血圧症候群になってしまった…どうしたら良い?!

 
 もし産院で「妊娠高血圧症候群です」と言われてしまったら・・・。そんな不安や実際に言われてしまった女性は決して少なくありません。いつ、誰がなってもおかしくない症状です。
 
しかし、これが妊娠適齢期の女性でなく、【高齢出産】だといわれる年齢の女性だった場合、その不安や恐怖、辛さはより一層大きなものに感じるかもしれません。もし、妊娠高血圧症候群と言われてしまったら・・・どうしたら良いのでしょうか。
 

◆妊娠高血圧症候群になってしまったら、どんな問題があるの?

妊娠高血圧症候群になってしまうと、母体や赤ちゃんの健康状態を悪くしてしまうような病気を併発させてしまう危険性が高くなります。具体的に挙げると、脳出血などの脳血管障害・常位胎盤早期剥離・HELLP症候群・肺水腫などがあります。
 
お腹の赤ちゃんに対しては、妊娠高血圧症候群が原因で血液が十分に赤ちゃんへ送られず、栄養不足・酸素不足になってしまう可能性があります。
 
もちろん、栄養や酸素が不足してしまうと、赤ちゃんの成長に支障が出てしまい、低体重児や低酸素症になることも、更に深刻になってしまうと脳へ影響を及ぼしたり、最悪の場合、子宮の中で命を落としてしまうこともあります。
 

◆妊娠高血圧症候群は治療できるの?

医師の判断で、治療をすることが出来ます。妊娠高血圧症候群だと診断された場合には、妊娠週数や重症度、胎児の発育の状態により治療方針や、通院・入院などが決まります。
軽度の場合であれば原則として薬での治療や食事療法での対応が開始されるのですが重症だった場合には、入院して必要な処置を病院内で行うようになります。
 
血圧を下げる薬の投与であったり、痙攣・てんかんなどを抑制させるための薬の処方などがおこなわれます。
 
高齢出産の場合には、妊娠適齢期だと言われる20代に比べ、妊娠高血圧症候群を発症させるリスクがグンッと増してしまいます。産院の先生に妊娠高血圧症候群だと診断をされてしまったならば、落ち込んでいても仕方ありません、早期治療が鍵となります。
 
高齢であれば、それだけ様々なリスクがありますし、精神的にも大きな負担となります。出産まで気を抜かず自己管理を行いましょう。そして絶対に途中で諦めないことです。
我が子を腕に抱く時の様子を思い浮かべて、妊娠中は出来るだけ落ち込まず、前向きに治療に取り組むことが大切です。
(Photo by:足成 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

高齢出産に関する記事

2人目の出産時に高齢、どんなリスクがある?初産も経産婦もリスクは同じ?

最初の妊娠出産が例えば20代・30代前半だったとして、2人目の妊娠出産が30...

妊娠初期の流産の原因「染色体異常」は予防できないの?防ぐには○○!?

卵子、そして精子の老化は、受精卵の染色体異常を引き起こしやすくなります。 ...

高齢出産の体験談

海外で出生前診断 37歳で初めての妊娠&出産

みなさんは出生前診断されましたか?? 出生前診断をすることには、いろいろな意見があると思います。日...

40歳と42歳で出産!羊水検査は必要?高齢出産を経験して思う事

私自身4人の子供達がいます。 上の2人は若い頃に出産しました。下の2人はまさしく高齢出産です。 ...

カラダノートひろば

高齢出産の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る