カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 高齢出産 >
  4. リスク・トラブル >
  5. 高齢出産になると、なぜ流産の危険性が増すの?高齢出産って何歳から?

妊娠・出産

高齢出産になると、なぜ流産の危険性が増すの?高齢出産って何歳から?

よく、高齢出産にはリスクがつきもの、流産しやすくなる、という話を耳にします。確かに、20代の妊婦さんに比べると高齢である女性の方が、身体的にも体力的にもリスクは高いように感じるかもしれません。しかし、実際には、なぜ高齢出産になるとリスクが増すのかよくわかっておらず、不安を感じている女性は少なくないはずです。
今回は、そんな高齢出産と流産の関係性について紹介していきます。
  

そもそも高齢出産って何歳から?

そもそもの話ですが、意外と知られていない【高齢出産の年齢】の定義。現在、日本で高齢出産だと定義されているものは2つあります。

  
1. 35歳以上の女性で初産である方
2. 40歳以上の女性で2度目以降の出産をされる方
  
「なぜ35歳という年齢が高齢出産になるの?」と疑問をもたれる方もいらっしゃるかもしれません。実は、1993年までは30歳以上が高齢出産と定義づけられていました。しかし、30歳以上で初産の人が増えたことと、諸外国では35歳と定義づけられているところが多いため、35歳以上に引き上げられたのです。
何故35歳かというと、統計的に35歳という年齢を機に、妊娠率がグンッと下がってしまうからだと考えられています。
 

経産婦の高齢出産は40歳以上の理由

統計的に35歳で妊娠率が急に下がるのであれば、初産婦も経産婦も違いはないのではないか、と思われるかもしれません。確かに妊娠率においては、初産婦も経産婦に関係なく、年齢によって低下していきます。

ただし、出産の経験がある経産婦は、子宮や産道が柔らかくなりやすく、子宮口が開きやすいため、分娩時間が短くて済む可能性が高いくなります。しかしながら、初産婦は子宮や産道がかたいため、分娩時間が長くなり、難産になったりする可能性も。分娩時間が長いほど、体力が奪われ、母体への負担が増します。

 

つまり、妊娠率は変わらずとも、分娩時におけるリスクの高さが異なるため、初産婦と経産婦では高齢出産の年齢が違うのです。

高齢だと流産のリスクが上がるのは着床しにくいから

高齢出産では流産のリスクが上がると言われています。上記でも述べたように、35歳という年齢を超えてしまうと、一気に妊娠率が下がってしまいます。
妊娠率が下がるということは、受精卵が子宮に着床しにくくなるということです。着床が出来ないと、赤ちゃんは育ちませんし、無事に着床したとしても、年齢と共に加齢を遂げた卵子は、育ちが安定しない傾向にあります。
 

着床しにくい原因は加齢による老化

受精卵が着床しにくくなる原因のひとつとして考えられるのが、老化による子宮内膜の発育不足です。
通常、女性の身体は受精卵を迎え入れるために、子宮内膜をふかふかのベットのように厚くします。受精卵がやってこない場合は、生理となって体外に排出され、次の受精卵のために新しい子宮内膜のベッドを作ります。
しかし、加齢とともにその機能が低下することで、ふかふかのベッドを作りにくくなるため、受精卵を子宮内に留めることができず、着床率が下がってしまうのです。

年を重ねるごとに卵子も老化する

さらに、加齢による卵巣の機能低下も、高齢出産の流産のリスクの要因と考えられています。卵巣の中にある卵子は、毎回新しいものが作られる精子と違い、もともと女性の卵巣に備えられて生まれてくるもの。
そのため、加齢とともに卵子も共に老化するのです。老化した卵子は、精子と結びつく時に染色体に異常を起こしやすくなると言われています。
染色体異常が起きることで、着床できなかったり、胎嚢を作れなかったりして流産に繋がってしまうのです。
  

精子の老化も流産の一因

高齢出産になると流産のリスクが高くなる原因は、卵子の老化・母体の子宮の状態に大きく関係しているといえるでしょう。
卵子だけでなく、精子にも老化があり、高齢の旦那様の精子であれば、精子の量・精子の生命力・授精率などが総合的に低下してしまう傾向にあります。つまり、性別にかかわらず、“加齢”は“流産”に深く関係しているのです。
 

 

【体験談 Pick Up】40代で久しぶりの二人目

 

投稿者:シマシマさん

 

29才で一人目を出産し、以来ずっと二人目不妊でした。主人も私も諦めていた矢先、自然妊娠していたことが発覚。40代での妊娠出産には不安も大きいのですが、二人目を授かったことにとても感謝しています。

 

高齢出産になるので、体力面はやはり心配です。なので、つわりとはいえダラダラしすぎないように気をつけています。また、産後に実家を頼れない可能性があるので、産後の1~2ヶ月程度、家事サービスの利用も検討しています。

 

みんなへメッセージやアドバイス 高齢出産ということで不安はつきませんが、同じような状況の方も現代では多いと思います。高齢だからこそ、気持ちにはゆとりがありますし、できることをこなしていきましょう。

 

リスクを理解したうえで妊活を

高齢出産にあたる人が妊活をする場合、これらのリスクを理解しておく必要があります。リスクが高いというだけで、必ずしもそうなるとは限りませんが、加齢によって自然妊娠がしにくくなるのは事実です。子どもを望む場合は、不妊治療という選択もしなければなりません。
夫婦でしっかりと話し合い、納得のいくかたちの選択をして下さいね。
 
 (Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-06-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リスク・トラブルに関する記事

2人目の高齢出産っていつから?リスクとダウン症発症率を教えて!

1人目を産んで、2人目を考えるときに気になるのが、自分の年齢。「年が離れているけ...

高齢出産のリスクと言われる染色体異常とその確率とは?年齢とともに高くなるダウン症発症率

高齢出産だと、胎児の染色体異常が原因で、流産やダウン症の発症リスクが上がると言わ...

高齢出産の体験談

海外で出生前診断 37歳で初めての妊娠&出産

みなさんは出生前診断されましたか?? 出生前診断をすることには、いろいろな意見があると思います。日...

40歳と42歳で出産!羊水検査は必要?高齢出産を経験して思う事

私自身4人の子供達がいます。 上の2人は若い頃に出産しました。下の2人はまさしく高齢出産です。 ...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る