カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 高齢出産 >
  4. リスク・トラブル >
  5. 高齢出産になると、なぜ流産の危険性が増すの?高齢出産って何歳から?

妊娠・出産

高齢出産になると、なぜ流産の危険性が増すの?高齢出産って何歳から?

よく、高齢出産にはリスクがつきものだ・・・という話を耳にします。
確かに、20代の妊婦さんに比べると、高齢である女性の方が、身体的にも体力的にもリスクは高いように感じます。
 
しかし、実際には、なぜ高齢出産になるとリスクが増すのか、その中でもなぜ「流産しやすくなる」のか・・・。
疑問に感じて不安が募ってしまう女性は少なくないはずです。
今回は高齢出産と流産の関係性について調べてみましょう。
 

そもそも高齢出産って何歳から?

 

そもそもの話ですが、意外と知られていない【高齢出産の年齢】についてまずは述べたいと思います。
現在日本で高齢出産だと定義されているものは2つあります。
 
1. 35歳以上の女性で初産である方
2. 40歳以上の女性で2度目以降の出産をされる方
 
上記の2つが、高齢出産だと示される方です。
「なぜ35歳という年齢が高齢出産になるの?」と疑問をもたれる方もいるかと思います。
統計的に35歳という年齢を機に妊娠率がグンッと下がってしまうことから、高齢出産だと定義されるようになった年齢は35歳以上と決められました。

 

高齢出産=流産のリスクUP?

では、高齢出産をする=流産のリスクが上がるのか?という疑問に関してですが、上記でも述べたように、35歳という年齢を超えてしまうと、一気に妊娠率が下がってしまいます。
妊娠率が下がるということは、受精卵が子宮に着床しにくくなるとも言い換えられます。
 
着床しにくいと、赤ちゃんは育ちませんし、無事に着床したとしても、年齢と共に加齢を遂げた卵子は、育ちが安定しない傾向にあります。

 

よって切迫早産・切迫流産のリスクが上がってしまうと考えられます。

 

卵子も加齢する!?

卵子は、毎回新しいものが作られる精子と違い、もともと女性の卵巣に備えられて生まれてくるので、女性の加齢とともに卵子も共に加齢を遂げます。
長い間体内に居続けた卵子はそれだけ老朽化が進み、染色体にも損傷が起きてしまいます。
 
高齢出産になると流産のリスクがUPしてしまう原因は、主に、卵子の老朽化・母体の子宮の状態に大きく影響します。
赤ちゃんが十分な成長ができない環境のため、流産を起こしてしまうと考えられています。
 
もちろん卵子だけでなく、精子そのものにも老化があり、高齢の旦那様の精子であれば、精子の量・精子の生命力・授精率などが総合的に低下してしまう傾向にあります。
“加齢”は“流産”に深く関係していることが解ります。

 

 (Photo by:足成 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リスク・トラブルに関する記事

高齢出産のリスクとは? 卵子の老化~喫煙と卵子老化の関係~

2011年度の厚生労働省などの調べによれば、初産時の平均年齢は30.1歳と、妊...

高齢出産で軽視できない妊娠高血圧症候群…母体にも胎児にも悪影響がある!

  妊娠高血圧症候群は、高齢出産で伴う危険の中のひとつですが、具体的に何が危険な...

リスク・トラブルの体験談

海外で出生前診断 37歳で初めての妊娠&出産

みなさんは出生前診断されましたか?? 出生前診断をすることには、いろいろな意見があると思います。日...

40歳と42歳で出産!羊水検査は必要?高齢出産を経験して思う事

私自身4人の子供達がいます。 上の2人は若い頃に出産しました。下の2人はまさしく高齢出産です。 ...

カラダノートひろば

リスク・トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る