カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. 【妊娠体験談】出産時1回だけのチャンス 「臍帯血バンク」

妊娠・出産

【妊娠体験談】出産時1回だけのチャンス 「臍帯血バンク」

 

臍帯血バンク、という言葉を聞いたことはありますか?今回は、筆者が実際に臍帯血バンクを利用した体験をお伝えしたいと思います。

 

臍帯血バンクとは?

臍帯血(さいたいけつ)とは、へその緒の中にある血液です。この血液は赤血球、白血球、血小板などの血液細胞を作り出す造血幹細胞がたくさん含まれています。

 

この臍帯血を採取できるのは出産の時の1回限り。保存しておけば、将来生まれてきた赤ちゃんが白血病、悪性リンパ腫などの血液の病気になった時の治療に役立てられ、白血球の型が合えば両親や兄弟などの家族の治療にも使えるとのこと。

 

赤ちゃん本人に関しては、元々自分のものなので、拒絶反応もなく安全に移植することができると期待されています。また現在血液の病気で苦しんでいる人に寄付することもできます。

 

ただし本人及び親族が利用する為の保存は公的には行われておりません。そのためには私的に保存するための機関を利用する必要があります。

 

実際に利用してみて

病院によってこの臍帯血を採取することができるところ、できないところがあるとのことですが、筆者のお世話になった病院では利用できるとのことだったのでやってみました。

 

病院側からはやるかやらないかをあえて聞かれないので、自分で希望する必要がありますが、手続きは簡単でした。実際にかかった時間もごく短時間で記憶に残っていないくらいです。出産時のどさくさに紛れて採取できた感じなので、これといった負担はありませんでした。

 

利用には費用が必要

保存するためには高額の費用がかかります。そのため少しの躊躇はありましたが、生まれてくる赤ちゃんへの将来の保険になるかもしれないと思えばやっておいて良かったと感じています。

 

臍帯血バンクって本当にいいの?

実は私的に臍帯血を保存することに対しては肯定意見だけではありません。

 

・臍帯血は厳重な管理下で無菌的に採取され、徹底した衛生管理下で保存されなければならない為、私的保存は品質管理に問題があるのでは 。

・臍帯血を本人の移植に使う可能性は殆どない。白血病の発生率は10万人に数人で、そのうち移植が必要な患者は10万人に1人程度。

 

等の、私的保管を否定する意見もあります。

 

実際に利用して必ずしも役に立つという保障がないのが難点ですが、かといって役には立たない、と決定づけられているわけでもありません。その点をよく確認して利用を検討することをおすすめします。

 

 

(Photo by http://pro.foto.ne.jp/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠初期(2~4ヵ月)に関する記事

妊娠初期の基礎体温はどうなる?妊娠初期で基礎体温が下がったけど…この理由って?

妊娠初期には基礎体温が高い状態が続きます。一方で妊娠初期に体温が下がったり、...

妊娠週数の数え方は?人によって数え方が違う?ちょっと分かりにくい数え方を、分かりやすく解説!

妊娠週数の数え方はちょっと複雑で分かりにくい…と感じていないでしょうか?とり...

妊娠初期(2~4ヵ月)の体験談

遅めの初診

生理日から計算しても8週入ったばかりなのに、あかちゃんが大きすぎて、9wの扱いになりました。 20...

エコーで脳に丸い影!?脈絡膜嚢胞とは

妊娠が分かった方は妊婦健診が始まるかと思いますが、初めの頃は4週間隔で健診に行きエコーで我が子の成長...

カラダノートひろば

妊娠初期(2~4ヵ月)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る