カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 原因 >
  5. 体は1つにつながっている!膝が痛いけど内臓の病気だった?!膝の痛みと内臓との関係

関節痛・腰痛

体は1つにつながっている!膝が痛いけど内臓の病気だった?!膝の痛みと内臓との関係

 

膝の痛みがあるとき、膝に違和感があるときには、まず膝の病気を疑うのは普通のことです。

検査をする時は膝がどれくらい動くのか、膝の内部の物質に異常はないかどうかなどを調べています。

ですが、中には膝の痛みのはずなのに、膝をどれだけ検査しても異常がなく、実は内臓の病気だったというケースもあります。

 

●内臓機能低下で膝が痛い!?

内臓の機能低下によって膝が痛くなるメカニズムは、太ももの筋肉と関係しています。

内臓の機能が低下してくると、その内臓を支えている太ももやお尻当たりの筋肉が弱くなっていきます。

そして今度は太ももの筋肉が少ないことで、太ももからひざにかけての負担が大きくなるといった状況です。

内臓のどの病気というよりも、消化不良や何となく不調といったレベルでの内臓機能低下が、膝の痛みにつながることもあるということです。

 

●東洋医学的な考え方

内臓機能低下と膝の痛み、内臓機能と腰痛などを結び付けて考えるのは、主に東洋医学や整体的なものの見方です。

日本で主に保険診療を用いる医学である西洋医学では、膝の問題は膝中心に考えるため、病院に行っても膝の痛みの原因がわからないこともあるのです。

膝関節などを調べても異常がないが、膝の調子は悪いといったときには、西洋医学ではなく東洋医学の方に頼ってみるのも良いかもしれません。

東洋医学も一部は保険診療対応となっています。

 

膝の痛みを感じた時、なおかつ東洋医学の力を借りたいと思った時には、カイロプラクティックか整体院などがお勧めです。

中には、膝の痛みに特化した整体のコースを用意している施設もありますので、事前に評判などを調べて行ってみるとよいでしょう。

つらい膝の痛みを取る方法は、西洋医学だけではないのです。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2014/05/03/00/10/standing-336554_640.jpg])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

風邪で寝たきりになる事が腰痛になる一番の原因?

風邪を引くと、同時に腰痛にも悩まされるということはありませんか。   ひどい風...

職業病でもある腱鞘炎の原因とは?

  時代の流れにより社会も大きく変化し、それと同時に色々な仕事の業務内容も...


関節を損傷することで発生する関節痛!その原因と症状について

  関節に痛みを感じる最もスタンダードなケースが、関節を何らかの原因で損傷...

風邪のウィルスへの免疫で発生する関節痛

  風邪などのウィルスに感染することが、関節痛の症状を引き起す引き金となる...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る