カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 騒音性難聴 >
  5. ヘッドホン難聴は治療が可能なの?どんな治療をするの?

気になる病気・症状

ヘッドホン難聴は治療が可能なの?どんな治療をするの?

音楽などを爆音で聞くコンサートホール・映画館・アミューズメント施設・ロックコンサートなどの会場で起こりやすいヘッドホン難聴・・・。
 
耳がキーンとした痛み・耳鳴りが2・3日続き、問題なければそのまま自然に治るものなのですが、聞こえが悪いまま治らない・いつまでも耳鳴りや頭痛がする・・・といった症状の改善が見られないケースもあります。
こんな時、どんな治療方法があるのでしょうか?
 

◆ちゃんとした治療方法はない!?

ヘッドホン難聴の治療法は、実際には確率されていません。ヘッドホン難聴の治療とされるような手法はなく、主には薬で対処したり、自然に回復することを待つしかありません。数日で自然に回復すれば問題ないですし、その後はしっかり予防することで再発を防ぐことは出来ます。
 
しかし、なかなか回復しないといった場合には、数ヶ月ほど、継続的に薬を飲んで回復するのを待つしかありません。薬は耳鼻科で処方されます。耳鼻科へ受診する際に大切だとされることは早期発見・早期対処です。
 
ヘッドホン難聴は、対応が早ければ早いだけ、回復する見込みが高いとされています。様子を見よう!といつまでも受診しない方は、どんどん回復の見込みが低下していきます。
 

◆どんな薬が処方される??

ヘッドホン難聴の場合は薬で対処していくことが多いです。症状が軽度(初期症状)な場合、ビタミン剤・ステロイド剤・血管拡張剤・血流改善薬などの効果がある薬を処方されます。これらを処方し、継続的に服用することで改善する様子を見ていきます。
 
しかし、症状が重症であったり、症状が出始めて、受診までの間が1ヶ月ほどと長期にわたり受診しなかった場合には、回復をさせることが困難なケースも多いです。
その場合には治療や回復を見込むのではなく、症状を悪化させないような“対策・予防”をおこない、進行しないように制御させるしか方法はありません。
 
ヘッドホン難聴には、とにかく予防して、発症させないようにするしかありません。ヘッドホン難聴になってしまう原因とは、大きな音を聞く・高い周波数の音を聞く・継続的に長時間、音を聞き続ける・・・の3つが挙げられます。
 
そこに、疲労やストレス、睡眠不足が重なってしまうと、症状を悪化させ、回復しにくくしてしまいます。
適度な音量であったとしても、継続的に聞くことで、耳が慣れてしまい、ダメージを受けていることにすら気づかなくなってしまうと、後々大変なことに繋がってしまいます。
必ず耳の休息をとり、無音の中でゆっくり休ませるように心がけてください。
 
 (Photo by:足成 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

騒音性難聴に関する記事

職場の騒音が原因で騒音性難聴に…労災認定が出来る場合・出来ない場合を知っておこう

  難聴には原因不明のものもありますが、騒音性難聴について言えば原因は『過度な...

あなたは当てはまる?こんな症状がある人はヘッドホン難聴にすでになっているかもしれない…

ヘッドホンで音楽を聴くという人は、最近耳の不調を感じていませんか?耳が聞こえな...

カラダノートひろば

騒音性難聴の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る