カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 騒音性難聴 >
  5. 聴力が低下してる!ヘッドホン難聴の治療方法とは?近年増えつつあるTRT治療、知ってますか?

気になる病気・症状

聴力が低下してる!ヘッドホン難聴の治療方法とは?近年増えつつあるTRT治療、知ってますか?

普段の生活の中に、音楽鑑賞を取り入れている方は沢山います。自宅でのんびり聞く音楽もそうですし、車内で・通勤中に・イヤホンやヘッドホンなどで・・・と、音楽を聴く環境も聞く方法も様々かと思います。
その中でも、毎日のように継続的に、更には大きな音量で、耳に響くほどの音で聞いている方は、難聴になりやすくなります
 
特に近年増えつつあるものが“ヘッドホン難聴”です。
ヘッドホンや、イヤホンなどを使用することで、耳のすぐ近くで大きな音を聞き続ける・・・それらが原因で難聴になってしまうという症状です。
このヘッドホン難聴、一体どんな治療方法があるのでしょうか?
 
 

◆軽度の場合の治療法とは?

症状が軽く、さほど生活にも支障が出ないようであれば、薬を飲んで経過観察をします。本来であれば薬などを飲まずとも、自然に数日の間に聴力が回復するのですが、ヘッドホン難聴になってしまった場合には、そう簡単に聴力の回復は見込めません。
 
まずは耳に違和感を感じたらすぐ病院へ受診することがポイントになります。時間が経過すればするだけ難聴は回復しにくくなるものです。
 

◆治療は"生活を改善させ、経過を見る"

ヘッドホン難聴には、重症だった場合、出来る治療がありません。症状をおさえる方法でした対処が出来なくなります。ヘッドホン難聴だと診断され、薬を処方されても、薬の効果が感じられない場合は、生活そのものを改善させてみましょう。
 
すぐに出来る方法とは、自宅のテレビや音声が流れる物などは全て音量を低くすること・ヘッドホンやイヤホンの使用を止める・携帯電話なども耳に直接当ててしまうことで耳への負担が出来てしまうので、スピーカーホンにして会話する等々が挙げられます。
 
他には耳への刺激を無くすため、出来るだけ無音・静かな場所でゆっくり体を休めるなどの環境作りも大切です。
 

◆近年増えつつあるTRT治療とは!

ヘッドホン難聴だけでなく、難聴の種類全般に対して言えることなのですが、なかなか難聴になってしまうと回復が見込めないものです。風邪症状や一時期の体調不良で起きてしまった難聴は時間の経過と共に元に治る可能性も高いのですが、毎日の継続的な耳への負担によって起きてしまった難聴は、生活そのものの改善をし、経過を見ていかなければなりません。
 
そんな中、近年注目されている治療法が、【TRT治療】です。これは、耳なりを無くし聴力を元に戻すという視点ではなく、耳鳴りなどの雑音に慣れさせて、気にならなくさせるという視点での治療になります。
賛否両論ありますが、回復を見込めないのであれば、現時点の状態に体が慣れるような訓練をするといった方法を望む方もいます。
 
耳のトラブルは、対人関係においても生活においても支障をきたしてしまいます。また精神的にも辛く、中には鬱症状を併発してしまう方もいます。
耳の違和感に気づいたら、出来るだけ早急病院へ行きましょう
 (Photo by:足成 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

騒音性難聴に関する記事

ヘッドホンで音楽を聴くのが危険?高音から徐々に聞こえなくなるヘッドホン難聴に注意!

  移動の際にヘッドホンやイヤホンで音楽を聴いているという人は注意してください...

騒音性難聴で見られる『聴覚補充現象』っていったい何だろう?

  騒音性難聴とは、うるさい騒音の中に長い時間いるせいで起きる難聴です。 例...


騒音性難聴の難聴以外の症状とは

  騒音性難聴とは、長期間大きな音にさらされたときに、内耳の細胞が損傷して...

普段騒音がひどい場所で働いてる方は注意!慢性的な騒音性難聴を放っておくと起きる大変なこと

  ライブ会場で働く方やパチンコ店で働く方などが悩まされやすいのが、騒音が原因...

カラダノートひろば

騒音性難聴の関連カテゴリ

騒音性難聴の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る