カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. 基礎知識 >
  5. ゲーム依存で子どもが不登校!親はどう対応すべき?

メンタル

ゲーム依存で子どもが不登校!親はどう対応すべき?

 

ゲームに夢中で遅刻がどんどん多くなっていき、ついに子どもが不登校になってしまったときに親はどのように対応すればよいのかを見ていきます。

 

1.子どもからスマホやPCを取り上げない

ゲームを出来ない環境を作ってしまえば不登校は治る、と考える方もいますが、実は不登校になるほどの重症だとスマホやPCを取り上げても無意味なケースが多いです。

子どもによっては親に反抗するようになり、家庭内暴力などの問題につながることもあります。

週に1-2日ゲームをやる時間が多すぎる、まだ登校に影響は出ていない段階なら親がスマホ、PCを取り上げることで解決しますが、そうでないならプロに相談してあらゆる観点から子どもの心を解きほぐした方がよいです。

 

2.親の不安をあまり見せない

子どもが学校に行ってくれないとなると将来的に社会と馴染めなくなるかも、と親は心配ですが学校に行けずに不安なのは子供も一緒です。

むしろ自分自身の問題であるがゆえに子供の方がその不安は大きいと言えるかもしれません。

そこで親に『どうして学校に行かないの』『このままじゃ高校(大学)にもいけなくなってしまう』と不安をあおる言動をされると固く心を閉ざしてしまいます。

あくまで親はどんと構えて、『あなたはどのようなかたちであれ将来きちんと社会に出られると思う』という気持ちで接しましょう。

 

3.子どもの自立に期待する

ゲーム依存の不登校が小学校高学年以上で起きている場合は子どもの自立に大いに期待しても良い時期です。

自分で判断させ、自分で後悔させる経験を持たせるのもけして悪いことではありません。

親は出来るだけ子供の意志を尊重するが、ルールはルール(家庭内で決めたルール・ゲームについても含む)という毅然とした面も持ちましょう。

 

子どもがゲーム依存からの不登校になっている場合は医療関係者や学校のカウンセラーなどと協力しながら不登校を治していくのが必須です。

子ども本人への対応では自立心を養ってもらうこと、不安をあおらないことを意識しましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/04/11-360673.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

他の依存症との関係もあるんです!ゲーム依存症の真の原因"ドーパミン"

  ゲーム依存症の場合はゲームから抜け出すことができない、たとえ抜け出したくて...

買い物依存症のパートナーを持つ場合…あなたが出来る対策・対応とは?

  買い物依存症とは買い物をしないと落ち着かない、収入に見合わないほどの買い物...


現代では珍しいことではないオンラインゲーム依存症…オンラインゲーム依存症の特徴と治療法

今やインターネットはすっかり身近な存在になり、赤ちゃんでもスマホを使って遊ぶよ...

どうにかしたいのに無駄な買い物をしてしまう…買い物依存症を治すための工夫を紹介!

  買い物依存症の場合は病識とまでは行かなくても『お金を使い過ぎ』という自覚が...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る