カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. こんな依存症の実態もあります。~ゲーム依存、タバコ依存の特徴やなど~

メンタル

こんな依存症の実態もあります。~ゲーム依存、タバコ依存の特徴やなど~

 

ゲームに夢中で遅刻がどんどん多くなっていき、ついに子どもが不登校になってしまったときに親はどのように対応すればよいのかを見ていきます。

 

1.子どもからスマホやPCを取り上げない

ゲームを出来ない環境を作ってしまえば不登校は治る、と考える方もいますが、実は不登校になるほどの重症だとスマホやPCを取り上げても無意味なケースが多いです。

子どもによっては親に反抗するようになり、家庭内暴力などの問題につながることもあります。

週に1-2日ゲームをやる時間が多すぎる、まだ登校に影響は出ていない段階なら親がスマホ、PCを取り上げることで解決しますが、そうでないならプロに相談してあらゆる観点から子どもの心を解きほぐした方がよいです。

 

2.親の不安をあまり見せない

子どもが学校に行ってくれないとなると将来的に社会と馴染めなくなるかも、と親は心配ですが学校に行けずに不安なのは子供も一緒です。

むしろ自分自身の問題であるがゆえに子供の方がその不安は大きいと言えるかもしれません。

そこで親に『どうして学校に行かないの』『このままじゃ高校(大学)にもいけなくなってしまう』と不安をあおる言動をされると固く心を閉ざしてしまいます。

あくまで親はどんと構えて、『あなたはどのようなかたちであれ将来きちんと社会に出られると思う』という気持ちで接しましょう。

 

3.子どもの自立に期待する

ゲーム依存の不登校が小学校高学年以上で起きている場合は子どもの自立に大いに期待しても良い時期です。

自分で判断させ、自分で後悔させる経験を持たせるのもけして悪いことではありません。

親は出来るだけ子供の意志を尊重するが、ルールはルール(家庭内で決めたルール・ゲームについても含む)という毅然とした面も持ちましょう。

子どもがゲーム依存からの不登校になっている場合は医療関係者や学校のカウンセラーなどと協力しながら不登校を治していくのが必須です。

子ども本人への対応では自立心を養ってもらうこと、不安をあおらないことを意識しましょう。

 

ひょっとして、自分はタバコ依存症かも…禁煙を始めるためのチェック項目

タバコがなかなかやめられない・・・

そんな悩みを持つ方も多いと思います。

 

タバコ依存チェックで禁煙を始めよう!

次の項目に当てはまるものが5つ以上あれば、タバコ依存症の可能性が高いと言えます。

・禁煙もしくは本数を減らそうとしてみたが、できなかったことがある

・吸いたいという欲求がないのに、必要以上に吸ってしまうことがある

・禁煙もしくは本数を減らそうとしたとき、タバコを吸いたいと強く感じたことがある

・禁煙もしくは本数を減らそうとしたとき、イライラ感や集中力の低下、手の震えがある

・禁煙もしくは本数を減らそうとしたとき、 体の不快感をタバコを吸って紛らわしたことがある

・大きな病(気管支炎、肺炎、ガンなど)にかかったとき、体に悪いとわかっていて吸う

・タバコの健康被害を知っていても吸う

・タバコの依存性を知っていても吸う

・自分はタバコに依存していると思う

・交友関係はタバコを吸う人がほとんどだ

・タバコを吸わない人とのつき合いなどは避けがちだ

 

タバコ依存症の人の大きな誤解!

ひと昔前、喫煙をする人のほとんどがニコチンやタールの多いものを選び、購入していました。しかし、近年では「タバコは害である」と訴えたパッケージができ、害があることを理解しながらも喫煙を続ける人の間では低タール、低ニコチンのタバコを吸い続けているのが実態です。

では、低タール、低ニコチンのタバコは害がないといえるのでしょうか。実は、低タール、低ニコチンのタバコはフィルターに小さな空気穴があり、空気も同時に吸いこむことでタバコの煙は薄まるので、タールやニコチンは少ないだろうと思われています。これがタバコ依存症から抜け出せない落とし穴で、例えば細く長いタバコであっても体は慢性的にニコチンを摂取しようと、時間をかけて吸うことで満たされているので、実際にはニコチンが軽いから大丈夫ということは決してないのです。

 

 

チェックの結果はどうでしたか?

健康のためにも、思い切って禁煙を決意してみてはいかがでしょうか。

 

現代では珍しいことではないオンラインゲーム依存症…オンラインゲーム依存症の特徴と治療法

今やインターネットはすっかり身近な存在になり、赤ちゃんでもスマホを使って遊ぶようにもなりました。そんな中で、オンラインゲーム依存症もゲーム依存症の一種として注目されています。

 

●オンラインゲーム依存症

オンラインゲームはゲームという娯楽的な側面だけではなく、オンラインで人とつながって遊べる魅力も兼ね備えています。このことから、人とのかかわりのためにオンラインゲームに没頭する方も少なくはありません。

 

また、オンラインゲームは既存のゲームソフトに比べるとバージョンアップが頻繁で、イベントもたくさんあります。利用者を常に飽きさせないようなバージョンアップ、工夫によってどんどんゲームにはまりこむ方も出てくるのです。

 

●日本国内の治療施設は少ない

オンラインゲームやゲーム依存については、中国・韓国・アメリカが世界の中で治療体制が進んでいる国と言われています。日本国内ではまだまだ治療施設は少ないのですが、依存症は脳の問題でもありますので、医学的な知識と技術を持ったスタッフの介入は必要です。

 

国内で最も依存症治療に対して信頼が高いと言われるのが神奈川県にある久里浜医療センターです。(参考:久里浜医療センター)オンラインゲームの依存については、ネット依存治療部門という科に相談するのがベストです。

 

国内ではかなり珍しいネット依存のデイケアもあるので、ゲームであってもオンライン系の依存が見られる方には適切な病院です。

 

オンラインゲーム依存症の治療には病院での治療、そして本人の回復意欲と周囲の協力が必要です。依存症はひとつの病気ですので、周囲は焦らず回復を見守りましょう。

 

ツラい禁煙治療、家族と友人の支えで乗り切る

タバコを吸う人のほとんどは「タバコは臭い」「煙が迷惑」と言われたり、そういった感情表現をされたことがあると思います。タバコを吸う人にとってタバコを吸う時間は楽しみであり、禁煙することで楽しみがなくなると思い込んでいる人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、考えてみてください。

「タバコは薬物」なのです。

 

【タバコと関わりのある病気は多い】

既に、タバコの害についてはパッケージにも記載されるようになりました。慢性閉塞性肺疾患(COPD)という咳、痰、息切れが続く症状やガン、肺気腫、動脈硬化、生活習慣病、高血圧、糖尿病、勃起不全、さらに女性の場合では妊娠中の喫煙で胎児が発育障害になり、早産の危険性もたかまるといわれています。

 

禁煙を始めるにはどうしたらよいのか?

禁煙をしようという決意をしたのであれば、まずは禁煙治療の理解を深めていきましょう。

「今日から禁煙!だから今持っているのも捨てる!」という禁煙の仕方は、意志の強い人であればできるかもしれませんが、反動で再度吸ってしまうことも考えられます。

まず、禁煙に対する意識として「喫煙は楽しみでなく体を痛めつけている」ということを意識しましょう。

そして、家族や友人に禁煙をする意志があることを伝え、吸わないような環境に身をおくことが大切です。

 

禁煙に自信がない場合はどうすればいいのか?

立て続けに咳き込むなどの症状が治まらない、慢性閉塞性肺疾患の人が増えていることから、最近では禁煙外来のある病院やクリニックが増えています。咳が苦しく禁煙したいけどできないという人は、ぜひこういった保険適用のある病院を利用して禁煙することもひとつの方法です。

タバコ依存症を治療する補助薬として、

・ニコチンパッチ

・ニコチンガム

・バレニクリン(飲み薬)

などがあります。これは吸いたいという欲求を和らげるもので、ニコチンガムなどは口寂しくて耐えられないという人に適しています。

市販されているので自力で禁煙するということもありますが、必要以上に摂取すると逆に急性ニコチン中毒になることもあるので、使用量を守って使うことが大切です。

 

 

家庭の中でタバコを理由に家族から煙たがられている人もいるのではないでしょうか。ひと昔前までは、タバコは父親のものというイメージが強いものでしたが、近年では女性の喫煙者も増え、マナーすら無視されている傾向があります。

確かに禁煙を始めると、ニコチンの離脱症状からイライラ感や怒りっぽくなったり、何もする気が起きなかったりします。タバコを吸うことでそれを回避することはできますが、その症状を起こしているのはタバコそのものなので解決にはならないわけです。しかし、離脱症状を克服し禁煙に成功すると、体は健康になりますし、例えば1日1箱400円のタバコを消費していたとして、月12,000円ものお金が浮くのです。禁煙には損がないものとして取り組んでみてはいかがでしょうか。

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2012/04/11-360673.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-06掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

依存症に関する記事

あなたは大丈夫?依存症の特徴と依存症になりやすい人とは?依存症の具体例

依存症とは薬物やタバコなど特定の物に対して依存してしまうだけでなく、ギャンブ...

乱用した若者が怖がる依存性薬物とは?薬物の種類と依存性のメカニズム

私の身近には海外で大麻やケタミンを経験し、その後、依存薬物乱用がとまらなくな...


占いや宗教など、スピリチュアル依存症!はまるからくりと抜け出す方法

占いと宗教が合体したような世界、精神世界、スピリチュアルへ依存している人が増...

砂糖依存症で現れる恐ろしい離脱症状!依存症を抜け出すために知っておきたいルールなど

  ケーキやドーナツが大好きで、疲れた時はとにかく甘いものを食べないと落ち着か...

カラダノートひろば

依存症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る