カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. 食品 >
  5. 砂糖依存症で現れる3つの恐ろしい離脱症状!砂糖を摂取できなかった時に起きる離脱症状とは

メンタル

砂糖依存症で現れる3つの恐ろしい離脱症状!砂糖を摂取できなかった時に起きる離脱症状とは

 

ケーキやドーナツが大好きで、疲れた時はとにかく甘いものを食べないと落ち着かない方は砂糖依存症になってしまっているかもしれません。

砂糖依存症は『依存』ですので砂糖を摂取できないと離脱症状が現れることもあります。

砂糖依存症患者に見られる『砂糖を摂取できなかった時の離脱症状』を3つ紹介します。

 

1.攻撃的な言動・行動

砂糖依存症患者は砂糖を食べられないとひどい低血糖になって、脳がストレスを感じイライラの状態を引き起こします。

そのため、人に対して攻撃的な言動や行動を取りやすくなり、人とトラブルを起こすことも少なくはありません。カナダで行われた実験ではネズミが砂糖依存症の離脱症状で、お互いにかみつきあうといった結果も出ています。

 

2.だるさ、体の重さ

これも砂糖を摂取できないことで起きる低血糖の問題から起きている離脱症状です。

貧血になったときのように体が重くなっていき、ボーっとして動く気力がなくなってくるケースが多いです。

 

3.食事のコントロール能力低下

砂糖依存症で離脱症状が起きていると、自分が食べられるかどうかわからない量のものを食べてしまいます。

とにかく砂糖を食べなければいけないと感じて、1人では消費しきれない量のものを買ってしまうのです。

そしてすべて食べ終わる頃にはお腹が痛くなったり気持ち悪くなったりする方も少なくはありません。

 

砂糖依存で様々な症状が 

砂糖依存症では離脱症状で体がだるくなったり精神的に凶暴性が出たりします。

砂糖依存が起きているとわかっていてもすでに砂糖を止められず、ジェットコースターのように上下する自分の感情を扱いきれなくなりうつ病になるケースもあります。

 

砂糖依存症が重症の場合は砂糖依存症(糖質依存症と記す場合も)を扱っている病院での治療を考えてみてください。 

(Photo by: //pixabay.com/)

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食品に関する記事

砂糖依存症を自分で治したい!そんなときはこの3つのルールをしっかり守ろう

  甘いものが止められないというのはダイエットにもよくありませんし、健康にも良...

同時にダイエットにもなる!砂糖依存症を脱出するために、砂糖の代用品を知ろう

  アルコールやパチンコとは違って、一見気づきにくい依存症が『砂糖依存症』です...

カラダノートひろば

食品の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る