カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. その他 >
  5. 常に恋愛していないとダメ!?恋愛体質というだけではないのかも…もしかして恋愛依存症?

メンタル

常に恋愛していないとダメ!?恋愛体質というだけではないのかも…もしかして恋愛依存症?

 

常に恋愛していないと…というと恋愛体質と思われがちですが『恋愛依存症』の可能性もあります。女性に多いのですが、常に恋愛をしていないと不安に駆られるのに恋愛をしても安心感が得られない症状です。

幸せを求めて恋愛したはずがいつの間にか振り回されたり不幸になったり、というパターンです。

 

●家族関係から見る恋愛依存症

恋愛依存症の患者の多くは、育った家族内でのトラブルやそこで感じた感情によって恋愛依存症になっていると考えられます。

恋愛依存症の原因を紐解くのに重要なことが『愛情の枯渇』と『愛し方を知らない』です。

 

●愛情の枯渇

恋愛依存症の原因の一つが家族内における愛情の枯渇です。はたから見て虐待などが起きていなければ家族のことは家族以外が口出しすることは滅多にありません。

そのため、子どもが愛されていると感じるかどうかは周囲に推し量れるものではないのです。

それどころか親ですら『愛している』と思って接しても、子どもの方で『愛されていない』と取る場合があるので難しい問題です。

いずれにしても恋愛依存症の方は『自分は愛されていないという事実もしくは思い込み』から『他人に愛してもらう』ことに一生懸命になります。

愛されていない=自分の価値が低いことにもなるので、他人に愛されて価値を上げようとするケースもあります。

 

●愛し方を知らない

恋愛依存症の方が例えば人を愛する方法を上手く知っていたとしたら、依存せずに幸せなパートナーを得て過ごすことになるかもしれません。

恋愛依存症そのものというよりも恋愛依存症の方が恋愛を繰り返す原因に『愛し方を知らない』というものが挙げられます。

愛されていないという思い込みもしくは事実があるため、自分が他人をどうやって愛したらよいかわからず過干渉、感情の爆発などで相手とトラブルを起こすケースが多いです。

 

恋愛依存症の原因は自己肯定感の低さや愛し方を知らないなど、本人の精神的な問題による部分が多いです。

機能不全家族(家庭としての機能が整っておらず家族仲に問題がある)で育つと恋愛依存症になりやすいとも言われています。

 

(Photo by: [//pixabay.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

占いや宗教など、スピリチュアル依存症!はまるからくりと例を3つ紹介

占いと宗教が合体したような世界、精神世界、スピリチュアルへ依存している人が増え...

親の依存に応えてしまう子…子どもに悪影響!親離れ子離れ不適応を知っていますか?

心の病気というくくりに入るのではないれども、子どもの頃の人格形成などの影響で、...


親離れ子離れ不適応…親が原因の場合はどうする?親を改善する方法3つ

親子という関係の結びつきは強いものですが、それでもそれぞれは別の人間で、それぞ...

子どもが困る!?親離れ子離れ不適応が起きると生活でどんな問題が起きる?

大人になると自然と親離れしていた、という経験を持っている方は多いでしょう。親離...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る