カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 食事 >
  5. リコピンで肌を守れ!植物の紫外線対策の力を借りて、肌も紫外線対策ができる!

美容・ダイエット

リコピンで肌を守れ!植物の紫外線対策の力を借りて、肌も紫外線対策ができる!

 

人と同じように植物も紫外線対策をしています。そして、その食物の紫外線対策の力を、人が借りることもできます。紫外線は肌トラブルを引き起こす元凶になりうるもので、肌へは相当な負担になります。それに対抗するカギはトマトが握っています。

 

食物がしている紫外線対策

人と同じように、植物も紫外線に当たります。植物は光合成をするのだから日が当たる分だけ結構なことと思うかもしれませんが、少なからず植物も紫外線によってダメージを受けます。しかし植物はその場から動くことができません。そのため自分の中に紫外線に対抗する成分を作り出すのです。それがトマトの場合、「リコピン」という成分なのです。

 

リコピンの強い抗酸化力

紫外線があたると、そのストレスを肌が感じて活性酸素というものをつくりだします。酸素というのは人が生きていく上で欠かせませんが、活性酸素となるとちょっと違います。活性酸素は過剰になると、体の中の遺伝子を傷つけたり、脂質やたんぱく質を酸化させて老化や病気の原因になるのです。

この活性酸素を退治してくれるのが、リコピンの抗酸化作用です。特にリコピンは抗酸化力が強く、活性酸素に対抗する力が大きいのが特徴です。

さらにリコピンは、肌に運ばれて蓄積し、紫外線によって発生する活性酸素と戦い肌のダメージを予防してくれる力が強いとされています。

 

リコピンは消耗品!

人の体はリコピンを作り出せません。そのためトマトから摂取する必要があります。ですが、日本人のトマトの摂取量は世界平均の4割以下で、比較的少ないとされています。さらに、リコピンは一度摂取したらずっととどまってくれるのではなく、また、蓄積できる最大量が決まっており、多く摂っても蓄えてはおけません。そして、リコピンは摂取してからどんどん消費、排出されていってしまうので、放っておいたら体の中から減っていきます。そのためリコピンは継続的に、一定量以上を摂取し続ける必要があるということなのです。

 

 

リコピンを摂取するということは、植物がしている紫外線対策の恩恵を受けるということなのです。ですがもともと人の体にないものですから、とどめておくことはできません。日々の食事でトマトを摂取していけるようにしましょう。

 

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%88-%E3%81%A4%E3%82%8B-%E8%B5%A4-%E5%BA%AD-%E6%A4%8D%E7%89%A9-%E6%88%90%E9%95%B7-%E7%86%9F%E3%81%97%E3%81%9F-%E7%94%9F%E7%94%A3-%E5%A4%8F-%E9%A3%9F%E5%93%81-101845/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

食事に関する記事

日本人の舌に合うマッコリ☆女性に嬉しい2つの美容効果っていったいどんな効果?

  お酒はなかなか、女性の健康とは結びつきません。ですが種類によっては、含まれる...

トマトの「リコピン」は脂溶性…肌のためには水溶性・脂溶性両方の抗酸化物質をとりたい!

  「抗酸化」が美容に良いというのを知っている人は多いです。この抗酸化物質に二...


ズッキーニ、トマト、玉ねぎ、かぼちゃで若返りながら美肌になれる、4種の野菜炒めレシピ☆

紫外線にさらされることや気温の上昇によって、ダメージを受けやすい夏のお肌への...

ビタミンCで美肌に!とろろと三つ葉の味噌汁

【レシピ】とろろと三つ葉の味噌汁ビタミンCの豊富なとろろと三つ葉は、美肌効果が期...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る