カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 予防 >
  5. 食生活 >
  6. トマトのリコピンが生活習慣病に効!?研究によって明らかになるリコピンのうれしいパワー

生活習慣病

トマトのリコピンが生活習慣病に効!?研究によって明らかになるリコピンのうれしいパワー

 

トマトの効能で注目されるのは、美容の面が多いですが、実は他の部分でも体に嬉しい影響があることが発見されています。トマトで、生活習慣病の予防や改善に効果があるというのです。

 

生活習慣病にリコピンの効果

日本人と深く関係がある生活習慣病と、トマトに含まれるリコピンの関係も研究されています。以下はトリコピンが体に及ぼす効果を示したものです。

 

・動脈硬化

研究ではトマトジュース2缶を19日間毎日飲むことで、血中の悪玉コレステロールが酸化されにくくなったことが認められています。

近年の研究で悪玉コレステロールはそのままの状態ではなく、酸化することで血管の壁にくっつき動脈硬化の原因になることがわかっています。

酸化悪玉コレステロールに関しては詳しいことはまだ研究がなされている段階ですが、動脈硬化や脂肪肝を悪化させる因子になっているとも考えられています。

 

・糖尿病

リコピンと糖尿病との関係は、マウスによる研究で行われています。肥満に伴った糖尿病を生じたモデルマウスにリコピンを摂取させた結果、糖尿病、そして動脈硬化の予防・改善の効果が期待される、アディポネクチンの血中濃度が増加したことが確認されました。

このアディポネクチンというのは、生活習慣病やがんに対して予防や改善の効果が認められているホルモンです。

これは脂肪細胞から分泌されるホルモンで、適正量の脂肪であればアディポネクチンが多く分泌されるのですが、脂肪になると分泌が制限され、生活習慣病に拍車がかかるとされています。

アディポネクチンが増えるということは、糖尿病のみならず他の生活習慣病にも効果が期待されます。

 

トマトはダイエットや美容の印象が強いかもしれませんが、それらで注目されるということは、それだけ体へのプラスの効果が高いということです。

生活習慣病は日本人においては非常に大きな関心事です。それに効果が期待されるというのはとてもうれしいですね。

(Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食生活に関する記事

油に塩分、大丈夫?家庭料理で気を付けたいポイント

    家庭のクセをチェックしよう 家庭の食生活の習慣も糖尿病の原因となりやすい...

「桑の葉茶」の食後血糖値への効果とは?

血糖値の低下作用が報告されている健康食品は数多くありますが、その中でも「桑の...


グレープフルーツ摂取は『メトホルミン』と同等の効果?!空腹時血糖値=最大17%低下を確認

グレープフルーツと言えば、一般的に薬剤と併用することは禁忌とされ(薬剤の代謝酵...

糖尿病予防に役立つ野菜を解明!1日の摂取目安は驚きの量だった!?

  糖尿病の予防と言えばやはりダイエットが一番に思いつく方がいるかもしれません...

カラダノートひろば

食生活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る