カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 夏バテ対策 >
  4. 夏バテ予防に習慣にしたいウォーキング!プラス乳製品でさらに夏に強い体にしよう!

健康診断・健康管理

夏バテ予防に習慣にしたいウォーキング!プラス乳製品でさらに夏に強い体にしよう!

 

夏バテに負けない強い体をつくるには、体を動かすことが必要です。さらにその効果を高めるのが、「乳製品」ということを知っているでしょうか。

夏バテを起こしやすい人は往々にして夏の間の運動量が不足していることが多いです。

そんな人は、運動による夏バテ予防効果をしっかりと発揮するために、効率的に夏バテ予防をしてみてはどうでしょうか。

 

四季の変化についていけない現代人

元々日本は四季のある国ですから、人の体はそれに対応できるように、血液量を変化させるなどして気温に対応できるようにしています。

しかし現代は冷房などの電化製品がどこにでもある時代ですから、それに人間の体が対応しきれなくなってきています。

そのため、体が変化しないまま季節が変わるなどして、体がついていけなくなり、夏に体調をくずす原因になるのです。

 

暑くない朝や夕方にウォーキングを!

日中にわざわざ体を痛めつけるようにウォーキングをする必要がありませんし、逆に危険です。

ですが、真夏でも朝方や夕方になれば、気温が下がって程よい気候になります。その時間帯に毎日10~30分程度、ウォーキングをしてみましょう。このときに「ややきつめ」のウォーキングを意識すると、夏バテ防止に効果が出やすいです。

 

さらに運動後1時間以内に乳製品を摂取で効率アップ!

せっかくのウォーキングですから、最大限夏バテ予防に貢献できるようにしたいですよね。

ウォーキングをより効果のあるものにするには、運動後1時間以内に牛乳やヨーグルトなどの乳製品でたんぱく質を摂取するのがよいです。

乳製品に含まれるたんぱく質は血中のたんぱく質である、アルブミンの合成を促進してくれます。アルブミンは浸透圧を調整する働きがあるため、アルブミンが増加すると血液の方に水分がたくさん引き込まれ、血液の量が増えて血流がよくなるのです。

 

夏バテ対策に運動をすることは、秋に体調を崩すことの予防にもつながります。夏から、季節が変わってまた体調が崩れやすくなる秋までを見通して、ウォーキングを習慣にしてみてはどうでしょうか。

 (Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

夏バテ対策に関する記事

夏の水分補給、飲みすぎで痙攣・昏睡!?『水中毒』について

夏は外出時だけでなく、室内においても高温多湿となり、過度の脱水と血管の拡張より...

夏の暑さを乗り切るための節電術!日差しをさえぎるだけで節電に!?

  夏はとにかく暑くて家に帰ったら、即エアコン!となりがちです。 しかし、夏場の...


1日10~30分のウォーキングで夏バテ知らず!夏のウォーキングは夏に強い体をつくる!

  夏バテしにくい体は、どのようにつくればいいのでしょう。毎年夏バテをするという...

暑さに負けない! 足つぼ刺激で夏バテ解消

夏の弱った胃腸を 足つぼマッサージで元気に!  だんだん暑くなってきましたね。こ...

カラダノートひろば

夏バテ対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る