カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 夏バテ対策 >
  5. 夏バテを予防・解消するポイントは?自律神経調節機能の低下について

健康診断・健康管理

夏バテを予防・解消するポイントは?自律神経調節機能の低下について

 

これからの季節は夏バテが起こります。夏バテになると楽しみにしていたこともできなくなってしまったり、やるべきことが滞ったりしてしまいます。この夏バテを予防するにはどうすれば良いか、夏バテを素早く解消するにはどうすれば良いかについて今回は紹介します。

 

夏バテの予防と解消のポイント

 ・エアコンなどの温度を高めに調節し、室内と外気温の温度差を少なくする。

・睡眠時間を確保する。

・水分補給の際、冷たいものを摂り過ぎない。

・ミネラルやビタミンを十分補給する。

食事において旬の野菜を積極的に取り入れるようにしてください。なかなか摂取しにくい場合、サプリメントを利用しましょう。

 

なぜこの方法で夏バテを予防・解消できるの?

 夏バテの原因は、自律神経調節機能が低下することにあります。自律神経調節機能が低下すると体温調節機能が働かない、食欲がでないなどの症状が出ます。

自律神経調節機能が低下する要因としては、室内と外の気温の差が大きすぎるといったことが考えられています。体は、温度差によって自律神経を通して無意識に発汗を促したり、血流量を変えたりします。

何度も室内と外を行き来する、夏なのに常に冷房のきいた室内にいるといったことにより、自律神経が乱れるほど体温調節機能を酷使してしまいます。自律神経を回復させるには規則正しい生活習慣が良いとされています。

 

また、自律神経が乱れると、内臓の働きを低下させてしまい、食欲がなくなる、消化不良を起こす原因ともなります。食欲がなくなる原因としては、冷たい飲み物を摂りすぎることにより内臓の働きを低下させてしまうといったこともあります。

ビタミン・ミネラルに関しては大量の汗をかくと汗とともに出てしまいます。夏の暑さでは仕方ないことですが、ビタミン・ミネラルが流出すると体の代謝を補助する機能が低下し、夏バテになりやすい、疲れやすいなどの症状が出ます。

 

以上が夏バテの予防と解消のポイントです。夏バテを起こさないように気をつけてください。

 

(Photo by:pixabay)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夏バテ対策に関する記事

暑い夏を乗り切るための食事とは?!夏バテ予防の食事療法

    暑い夏!食欲も失せて夏バテ気味という人も少なくないと思います。こんな...

何も食べたくないならば「ゴーヤジュース」はいかが?苦味が苦手な人も飲めるかも!

夏の暑さが本格的になると、熱中症によって病院で運ばれる人が多くなります。暑さや...


長続きする、効果を出しやすくする!糖質制限ダイエットのコツ

  ご飯やパンに多く含まれる糖質を制限することで、やせるという糖質制限ダイ...

モロヘイヤは王様の野菜!夏の疲れた体に嬉しい、モロヘイヤの栄養のヒミツ

夏野菜の中で「王様の野菜」という意味を持つ、野菜があります。それはモロヘイヤの...

カラダノートひろば

夏バテ対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る