カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 蚊?ゴミ?視界の隅に何かが飛んでいるように見える飛蚊症、原因や治療法は?

気になる病気・症状

蚊?ゴミ?視界の隅に何かが飛んでいるように見える飛蚊症、原因や治療法は?

 

飛蚊症、光視症、変視症、視力低下、視野障害など…網膜剥離を疑ってみるべき症状

網膜剥離は網膜に割れ目ができ、硝子体が入ってしまい網膜が破れて剥がれてしまう病気です。網膜が剥がれてしまうと部分的に視力がなくなったり、視力低下を起こしたり、目が見えなくなったりします。今回は網膜剥離の代表的な症状を紹介します。

 

網膜剥離の代表的な症状

網膜剥離にはさまざまな症状があり、飛蚊症、光視症、変視症、視力低下、視野障害などがあります。症状の多様性の理由は、網膜剥離の進行程度において網膜が破れているかどうか、破れているならば網膜が破れた位置、破れた大きさ、破れた数、出血の合併などがさまざまであるためです。もちろん、無症状の場合もあります。簡単に各症状の説明を表記します。

 

飛蚊症

飛蚊症は、視野にフワフワしたゴミや虫のような影が見える症状が出ます。このような症状を自覚した際は、網膜剥離の原因となるようなものなのか、近視や加齢による生理的な変化なのかを見極めるために、医療機関で眼底検査を受けてください。

 

光視症

光視症は、視野の隅に光が走る症状が出ます。網膜の薄い部分がひっぱられ、網膜で刺激が感じとられ、光として認識されます。光視症を自覚する人全員が網膜剥離というわけではありませんが、検査が必要となります。

 

変視症

変視症は、網膜が腫れたり出血して表面がデコボコになり、線などがゆがんで見えるような症状が出ます。理由としては網膜の血管が破裂する網膜静脈閉塞症や、網膜の下に水がたまる中心性漿液性網膜脈脈絡膜症があります。

 

視力低下や視野障害は、上記のような症状にともなって起こって行きます。視野全体がススがかかったように見えて景色が見えにくくなったり、硝子体中に出血が広がると、視野全体が暗くなって視力が低下したように見えたりします。

 

この網膜剥離は昔は治療できない病気とされましたが、現在は早期に発見できれば視力低下を起こさずに治療できます。酷くならないうちに病院に行くことをお勧めします。

 

飛蚊症は治らないって本当?

飛蚊症になったらもう治らないよなんて言われたことがある方もいるようです。

飛蚊症は治らないというのは本当なのかを調べてみました。

 

●生理的飛蚊症は治らない

飛蚊症の中でも加齢によるものや病気によるものではなく、生まれつきの場合は治らないというのが今の医学の一般的な結論です。

子どものころから飛蚊症の方は残念ですがものの見え方についてずっと飛蚊症のままです。

ただ、日差しが強い日はサングラスをかける、目を必要以上に使わないなどの工夫である程度暮らしやすくすることは可能です。

 

●病気からくる飛蚊症は治療可能な場合も

網膜剥離などから飛蚊症になった場合は、一時的に飛蚊症になっただけという事もあります。

網膜剥離をしっかり治して、網膜剥離を予防していれば飛蚊症の症状もほとんど気にならなくなるはずです。

まずは病気の治療を最優先させてください。

 

●加齢による飛蚊症は進行を遅らせる

加齢による飛蚊症も完全に飛蚊症の症状が出てしまってからだと生理的飛蚊症と同じように治る可能性がほとんど見込めません。

まずは体の中の加齢を遅らせて飛蚊症の進行も遅らせるのが一般的です。

アンチエイジングに効くと言われているビタミンEなどを積極的に摂取して飛蚊症の進行を抑えます。

 

飛蚊症は治らないという噂は一部ではあっています。

生まれつきの飛蚊症の方の場合は残念ながら今の医学では治りません。

一方で加齢からくる飛蚊症は治らないものの病気の進行を遅らせることは可能です。

また、目の病気からくる飛蚊症は容体によっては治療可能です。

 

蚊?ゴミ?何かがずっと飛んでいる気がする時は飛蚊症かも!?

「常に目の中にゴミが入っている感じがする」「虫が常に飛んでいる」そんな違和感を感じている方は、もしかしたら飛蚊症かもしれません。飛蚊症について紹介いたします。

 

飛蚊症とは

目の前に蚊の様な小さいものが飛んでいるように見えることを言います。特に、空や白い壁などを見た時にはっきりと見えることが多いと言われています。見えているものは、目を動かしてもその動きにつれてゆらゆらと動きます。形はひも状、リング状など、様々な種類があります。

 

生理的に起こる飛蚊症

健康上問題のない人であっても、飛蚊症になることがあります。生理的飛蚊症の多くの場合は、加齢などの生理的変化によるものなので、心配ありません。

目の中には硝子体(透明なゼリー状)が詰まっています。この硝子体はほぼ水分ですが、わずかに線維を含んでいます。

 

年齢を重ねるとこの硝子体に濁りが少しずつ出てくるとともに、水分と繊維とが分離して目の内側の壁から硝子体が離れていき、眼球内をふわふわと浮いた状態になります。これを「後部硝子体剥離」といいます。

 

これこそが、飛蚊症の原因です。硝子体剥離自体は病気ではありませんが、他に網膜剥離や網膜裂孔などの病気を引き起こすことがありますので、日々注意が必要です。

 

病気が原因となる飛蚊症

飛蚊症は、生理的に起こるだけでなく、目の様々な病気によっても引き起こされることがあります。

 

●網膜剥離、網膜裂孔

網膜とは、目の内側を覆う膜です。これが剥がれた状態を「網膜剥離」、穴が開いた状態を「網膜裂孔」と言います。この2つの場合は飛蚊症の他に、光視症(視界の中に閃光が見える)があらわれることもあります。

 

網膜には痛みを感じる痛覚がないため痛みはなく、症状が軽い場合には飛蚊症や光視症もほとんど感じられない場合もあります。この病気は、放っておくと失明する危険性が高いです。

 

●硝子体出血

目の中にあるゼリー状の硝子体が、出血する病気です。原因は、今生活習慣病としてとくに注目を集めている糖尿病や高血圧、外傷などです。ゼリー状の中に血液があると、モヤモヤと霧がかかったような影の飛蚊症として自覚することがあります。最初は薄い影であっても、それが日を追うごとに濃くなっていくようであれば、出血が続いていることが考えられます。

 

●ぶどう膜炎

目は3つの層から成り立っており、真ん中に「ぶどう膜」があります。ここが炎症を起こす病気が、ぶどう膜炎です。一部の場合に硝子体に濁りを生じるので、飛蚊症の症状が出てくることがあります。

まぶしい(羞明)、目が痛い(眼痛)、かすんでいる(霧視)、充血、視力低下など様々な症状が同時に起こることが多いです。

 

飛蚊症の治療

生理的飛蚊症の場合には、原因となる病気がありませんので、特に治療が必要ではありません。病的飛蚊症である場合には、原因となる病気を治療することが大切です。中には失明する危険性のあるものもありますから、もしも「飛蚊症かな?」と思った時には一度眼科を受診して医師に相談されることをお勧めします。

 

飛蚊症は、歳を重ねれば誰もが起こる可能性があります。しかし、中には重篤な原因から引き起こされることがあるのも事実です。飛蚊症を疑った場合には1度眼科を受診し、その原因をきちんと明らかにすることが大切です。

 

飛蚊症の原因って何?

飛蚊症は目の病気の一つです。

飛蚊症では蚊が飛んでいるように見える、小さな粒が見えるなどの症状が出ます。

そんな飛蚊症の原因を見ていきます。

 

●飛蚊症の仕組み

飛蚊症が起きる背景には目の中にある硝子体が関係しています。

硝子体がくもる、硝子体が混濁することによって飛蚊症が起きるのです。

つまり飛蚊症の原因を探るということは硝子体の混濁の原因を探るということです。

どのような飛蚊症であっても基本は硝子体の混濁が要因です。

 

●飛蚊症の原因①生来のもの

何の原因もなく、ただもともと持っている体質のような形で飛蚊症が出る方がいます。

幼いころから飛蚊症だったという方の場合はその多くが生来のものです。

なぜ生まれつき硝子体が混濁しているのかはわかりません。

 

●飛蚊症の原因②加齢

年を取ると多くの人に老眼が見られます。

同時に、硝子体にも問題が起きて飛蚊症になる人もいるのです。

どのような人が特に加齢で飛蚊症になりやすいかはわかっていません。

 

●飛蚊症の原因③目の病気から飛蚊症に

目の病気から飛蚊症になるケースもあります。

例えば網膜はく離やブドウ膜炎などの病気の場合には飛蚊症が予後に出ることがあります。

ただし、これについてもどのような方に出やすいかなどの統計は取れていないようです。

 

飛蚊症の仕組みは硝子体の混濁で説明できます。

生来のもの、加齢によるもの、目の病気が原因のものといくつかにわかれてはいるもののどのような違いで飛蚊症になる人とそうでない人が分けられているのかは詳しくわかっていません。

症状が命に係わる症状ではないのであまり問題視されないようですが実はまだまだ謎の多い病気です。

 

(Photo by http://pixabay.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-16掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

目・まぶたに関する記事

もしかしたら眼瞼(がんけん)痙攣かも!?様々な目の病気、片頭痛や網膜剥離との関係も?

 勝手にまぶたがピクピクと痙攣して、煩わしく感じると言った経験に心当たりはありま...

目に良い栄養素を摂取することで眼精疲労を解消しよう!目の体操とツボ・マッサージ

基本的に目の充血は目の病気や目の疲れで起こります。眼精疲労が原因の場合は...


乱視ってどんな症状?目が眩しく感じられる病気って?目の痛みの原因って何?薬局で売ってる目薬の種類と成分

  ある日気がついたら、物が見にくい、かすんで見えるということはありません...

まぶたや目が腫れる原因は何?

   一般的にはまぶたの腫れを指す「目の腫れ」ですが、まれに眼球自体が腫れ...

カラダノートひろば

目・まぶたの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る