カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 飛蚊症 >
  5. 飛蚊症、光視症、変視症、視力低下、視野障害など…網膜剥離を疑ってみるべき症状

気になる病気・症状

飛蚊症、光視症、変視症、視力低下、視野障害など…網膜剥離を疑ってみるべき症状

 

網膜剥離は網膜に割れ目ができ、硝子体が入ってしまい網膜が破れて剥がれてしまう病気です。網膜が剥がれてしまうと部分的に視力がなくなったり、視力低下を起こしたり、目が見えなくなったりします。今回は網膜剥離の代表的な症状を紹介します。

 

網膜剥離の代表的な症状

網膜剥離にはさまざまな症状があり、飛蚊症、光視症、変視症、視力低下、視野障害などがあります。症状の多様性の理由は、網膜剥離の進行程度において網膜が破れているかどうか、破れているならば網膜が破れた位置、破れた大きさ、破れた数、出血の合併などがさまざまであるためです。もちろん、無症状の場合もあります。簡単に各症状の説明を表記します。

 

飛蚊症

飛蚊症は、視野にフワフワしたゴミや虫のような影が見える症状が出ます。このような症状を自覚した際は、網膜剥離の原因となるようなものなのか、近視や加齢による生理的な変化なのかを見極めるために、医療機関で眼底検査を受けてください。

 

光視症

光視症は、視野の隅に光が走る症状が出ます。網膜の薄い部分がひっぱられ、網膜で刺激が感じとられ、光として認識されます。光視症を自覚する人全員が網膜剥離というわけではありませんが、検査が必要となります。

 

変視症

変視症は、網膜が腫れたり出血して表面がデコボコになり、線などがゆがんで見えるような症状が出ます。理由としては網膜の血管が破裂する網膜静脈閉塞症や、網膜の下に水がたまる中心性漿液性網膜脈脈絡膜症があります。

 

視力低下や視野障害は、上記のような症状にともなって起こって行きます。視野全体がススがかかったように見えて景色が見えにくくなったり、硝子体中に出血が広がると、視野全体が暗くなって視力が低下したように見えたりします。

 

この網膜剥離は昔は治療できない病気とされましたが、現在は早期に発見できれば視力低下を起こさずに治療できます。酷くならないうちに病院に行くことをお勧めします。

 

「頭痛」で人気の記事はこちら

●頭痛がしないのに目がチカチカする…もしかして光視症かも?

 

(Photo by //pixabay.com/)

著者: いおさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

飛蚊症に関する記事

飛蚊症の対策とは

  飛蚊症は目の病気が原因で起きているもの以外は基本的には治療を行いません。 ...

蚊?ゴミ?何かがずっと飛んでいる気がする時は飛蚊症かも!?

「常に目の中にゴミが入っている感じがする」「虫が常に飛んでいる」そんな違和感を...


飛蚊症は治らないって本当?

  飛蚊症になったらもう治らないよなんて言われたことがある方もいるようです。 ...

カラダノートひろば

飛蚊症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る