カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 水虫 >
  5. 白癬菌はどこにでもいる?!日常においてできる水虫の予防方法

気になる病気・症状

白癬菌はどこにでもいる?!日常においてできる水虫の予防方法

水虫は白癬菌という真菌類が皮膚の角質に増殖して、寄生することによって発症します。この白癬菌は、そこら中どこにでもいるため、皮膚にふれさせないと言ったことは不可能です。今回はふれさせない以外での、水虫の予防方法についてご紹介します。

 

予防方法

・足を清潔にする

くつを履いていると、湿気が高くなり、白癬菌が増殖している可能性があります。このため、家に帰ったら足を洗いましょう。洗い方は、足の指の間まで石けんやボディーソープでよく洗います。白癬菌は付着して24時間以内であれば洗い流すこができるため、きちんと洗い流してください。また、体にできる水虫もきちんとお風呂に入って白癬菌を落とすことで予防できます。また、白癬菌は温かく湿った場所を好むため、繁殖しないように足はできるだけ乾燥させておいてください。白癬菌の活動が活発な条件は温度26℃前後、湿度70%以上のときです。

 

・複数のくつを履きまわす

くつは複数もち、毎日異なるくつを履くようにしてください。また、くつを選ぶ際には窮屈なものや通気性の悪いものは避けるようにしてください。くつはときどき陰干し湿気を除くお手入れを行ってください。

 

・スリッパやタオルは各個人で使用する

職場ではスリッパやタオルを使い分けていても、家庭内では使い分けていない方が多いと思います。しかし、水虫の方がいると、白癬菌に感染した皮膚が落ち、スリッパやタオルに付着して菌が増殖し、家庭内で水虫が広がる場合がよくあります。このため、バスマットやスリッパは各個人で使いわけるようにしてください。洗いものが大変であるという方は水虫の方とその他だけでもわけるようにしてください。

 

以上が水虫の予防方法です。水虫の治療は以外に時間がかかるため、発症しないように気をつけてください。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/11/18-373177.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

水虫に関する記事

こんな場面で水虫がうる!特に公共の場で素足になるときには注意して!

      しばしば、身に覚えがないのに「水虫を発症していた」ということがあり...

あなたは大丈夫?水虫予防…意外に間違った水虫予防法をしている人、多いんです!

  「梅雨の時期や夏になるとどうも足がかゆい」ということはないでしょうか?梅雨...


夏に増える赤ちゃんの水虫!家庭内に水虫を持っている人がいると、赤ちゃんにもうつります!

水虫は大人の男性のイメージがあるかと思いますが、実は夏の赤ちゃんの水虫というの...

真似は禁物!実は危ない水虫の勘違い民間療法

  水虫になってしまったら、病院に行って診断をつけてもらい、薬をもらってくるの...

カラダノートひろば

水虫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る