カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 水虫 >
  5. 白癬菌が皮膚の角質に寄生して発症する病気!水虫の予防と治療

気になる病気・症状

白癬菌が皮膚の角質に寄生して発症する病気!水虫の予防と治療

水虫は、白癬菌という菌が皮膚の角質に寄生して発症する病気です。今回は、この水虫の予防と治療方法を簡単にご紹介します。

 

水虫の予防

白癬菌はどこにでもいる菌であり、湿度が高いところを好みます。どこにでもいる菌のため、付着させないというのは困難です。このため、付着させないというより、角質に寄生させないことが大切です。白癬菌は付着させ適度な湿度を保つと増殖し、寄生します。このため、通気性をよくして湿度を下げることが一番の予防となるとされています。

 

水虫の治療

水虫は放っておけば治るといったイメージが少なからずありますが、そんなことはほとんどありません。きちんと治療しないと治りませんし、悪化もする可能性があります。皮膚科で水虫かどうかを診断してもらい、適切な薬を利用して治療を行ってください。治療薬は以下になります。

 

塗り薬

水虫の治療においてよく利用される治療薬です。白癬菌が分類される真菌という、菌の分類グループに効く薬が利用されています。見た目的に治療できたと思っても、白癬菌はしつこく残っています。見た目が戻ってもしばらく薬を塗り、菌を完全に無くすようにしてください。

 

内服薬

爪にできた水虫に利用されることが多いです。爪にできた水虫は塗り薬で退治できないため内服薬が利用されます。

 

以上が水虫の予防と治療方法です。白癬菌を含め、菌は症状が見えなくなっても実は息をひそめているだけで、まだ存在している場合が多いです。治療には時間がかかると思いますが、きちんと治療するようにしましょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/11/18-373177.php) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

水虫に関する記事

治療しにくい爪に入った水虫!その治療しにくさの原因は、爪の中まで薬が届かないことにある!

     水虫の菌はいろいろなところに入り込ってトラブルを引き起こしますが、一番...

足がかゆい!臭い!そんな水虫の治療期間と治療費用とは?!

  かゆいし臭いし、と不快なイメージのある水虫は、出来るだけ早く治してしまいた...


あなたは水虫?気づいていないだけかも?誰かにうつす前に水虫チェックをしてみよう!

  梅雨の時期に急増する皮膚トラブルというものがあります。それが水虫です。水虫...

白癬菌はどこにでもいる?!日常においてできる水虫の予防方法

水虫は白癬菌という真菌類が皮膚の角質に増殖して、寄生することによって発症しま...

カラダノートひろば

水虫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る