カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. COPD >
  4. 食事・レシピ >
  5. やせ過ぎの人に足りていないことが多い?必須アミノ酸が含まれる食品と効果

生活習慣病

やせ過ぎの人に足りていないことが多い?必須アミノ酸が含まれる食品と効果

病気やダイエットなどでやせ過ぎの方において十分タンパク質が摂取できておらず、必須アミノ酸が足りていない場合があります。栄養がたりなくてやせ過ぎている病気としては各種ガンやCOPD(慢性閉塞性肺疾患)、逆流性胃腸炎などの内臓系の不調などがあります。今回は必須アミノ酸の効果と摂取する際にはどのような食品を摂取すればよいかについて紹介します。

 

必須アミノ酸

アミノ酸は体の組織を構成する元となるとともに代謝にも関わります。とくに体内で作れない必須アミノ酸であるイソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン、トレオニンは食事などで摂取しなければいけません。各必須アミノ酸の役割と多く含む食品を以下に記します。

 

イソロイシン

役割としては成長促進、筋肉強化、神経機能の補助、肝機能向上があります。イソロイシンが多く含まれる食材は牛肉、鶏肉、鮭、牛乳、チーズです。

 

ロイシン

役割としては肝機能向上があります。ロイシンが多く含まれる食材は牛肉、レバー、ハム、牛乳、チーズです。

 

リジン

役割としては体の組織修復があります。リジンが多く含まれる食材は魚介類、レバー、卵、牛乳、大豆です。

 

メチオニン

役割としては抗うつ作用やヒスタミンの血中濃度を下げるなどがあります。メチオニンが多く含まれる食材は牛乳、牛肉、羊肉、レバー、小麦です。

 

フェニルアラニン

役割としては鎮痛作用、抗うつ作用があります。フェニルアラニンが多く含まれる食材は肉類、魚介類、卵、大豆、チーズ、アーモンドです。

 

トリプトファン

役割としては精神安定や鎮痛・催眠効果があります。トリプトファンが多く含まれる食材は牛乳、チーズ、大豆、バナナです。

 

バリン

役割としては成長促進、筋肉強化、肝機能の改善があります。バリンが多く含まれる食材は鶏肉、チーズです。

 

トレオニン

役割としては脂肪肝の予防、成長促進があります。トレオニンが多く含まれる食材は卵、ゼラチンです。

 

ヒスチジン

成長期に必須で子供のみです。大人は合成できます。ヒスチジンが多く含まれる食材は鶏肉、ハム、チーズです。

 

上記のようなものに、必須アミノ酸が含まれています。食欲がないときはなかなか食べにくいものかもしれませんが、おかゆに卵をいれる、しゃぶしゃぶなど油を落とす調理を行い、食べやすいようにして摂取するようにしてください。

 

(Photo by //pixabay.com/ja/%E5%AF%BF%E5%8F%B8-%E6%97%A5%E6%9C%AC-%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2-%E9%A3%9F%E5%93%81-%E7%94%9F-%E5%88%BA%E8%BA%AB-%E6%96%B0%E9%AE%AE%E3%81%AA-%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB-%E6%96%99%E7%90%86-354628/)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事・レシピに関する記事

肺の病気は痩せてしまう?COPDの食事療法のポイント

COPDは40代以上の男性に多い肺疾患の一つですが、COPDの患者のおおよそ...


呼吸商に気をつけて食べよう!

    COPD患者さんの40%は標準体重の80%以下、70%は標準体重の9...

COPDの食事療法!外食でも野菜をいっぱい食べよう!

     COPD患者さんは健康な人の1.5倍のカロリーを食べ物から摂取しな...

カラダノートひろば

食事・レシピの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る