カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. むくみケア >
  4. 基礎知識 >
  5. 水分過多になった体には「玉米髭」(とうもろこしのひげ)がいい!自分で手作りもできます!

美容・ダイエット

水分過多になった体には「玉米髭」(とうもろこしのひげ)がいい!自分で手作りもできます!

 

トウモロコシは夏の食べ物という感じですが、このトウモロコシが体の水分代謝に影響するということを知っているでしょうか。特にむくみが気になる人は、トウモロコシで水分代謝を正してみてはどうでしょうか。

 

水分の摂り過ぎで水分過多になる!

水分を適切に摂ることはもちろんいいことです。しかしその摂取した分が、きちんと体の中で循環し、外に排出されるとは限りません。きちんとした水代謝ができなかった場合、体の中に摂取した水が残ってしまって、水分過多の状態になってしまいます。この状態ではそこにある臓器などが障害されるなどして、体に悪い影響が出てきます。

 

トウモロコシで水分を排出する!?

漢方においてトウモロコシのひげのことを「玉米髭(ギョクマイシュ)」といいます。トウモロコシのことを玉米といい、その髭ということです。

この玉米髭という生薬は体の水分代謝を改善する効果があります。

特にむくみ症状がある場合や、尿の出が悪いときに、利尿作用を期待して使われます。今は「トウモロコシのひげ茶」などが市販されていますよね。あのような簡易的なものでも、ある程度効果が期待できます。

 

玉米髭を自分で作ってみよう!

トウモロコシのひげ(トウモロコシの先端についているもじゃもじゃした部分)があれば、漢方薬としての玉米髭は簡単につくれます。必要なのはひげや皮がついたトウモロコシです。

 

<作り方>

1.まずは皮をむきます

2.髭の変色した部分は除きます

3.髭のきれいな部分だけをとって、天日干しします

4.薬1週間で乾くので、完全に乾燥したらできあがりです

 

でき上がったものは冷蔵庫で保存します。お茶にすることもできますし、スープに入れることもできます。

ちなみにトウモロコシの実の方にも利尿作用などがあるので、残さず利用しましょう。

またなかなか乾燥が難しい気候の場合、ある程度乾燥させてから、トースターで焼くか、フライパンで炒める方法でも構いません。

ちなみにお茶にする場合には、作ったものを適量ポットに入れ、熱湯を注いで数分置いておいて作りましょう。

 

 

トウモロコシの利尿作用は、昔からよく知られています。薬などではなく自然のもので体内の水分過多を解消したいという場合には、こうしたものを選ぶのもよいでしょう。

(Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

むくみはからだのどこに出やすい?

間質液は全身に存在しますが、水分がたまりやすい場所は決まっています。すなわち、む...

冬のむくみ・便秘解消☆甘さ控えめ☆さつまいも入りぜんざい

  あずきのサポニンは利尿効果が高く、体から水分を追い出す効果があり、溶血...


人が摂取し、排出する水の量を知っていますか?これを知らないと、危険な水毒状態になるかも…

  夏は「熱中症予防に水分をこまめに摂りましょう」という言葉をよく聞きます。 こ...

簡単に分かる!むくみチェック

  チェック1 むくみを確認! 「最近、足がむくんでしょうがない…」とい...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る