カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 母乳 >
  5. 【乳児の育児体験談】授乳がうまくできなかったです

育児・子供の病気

【乳児の育児体験談】授乳がうまくできなかったです

 

 

「生まれるまではどんな出産になるかばかり考えるけれど、生まれるとママは途端におっぱいのことばかり考えるようになるのよ」

これは出産した産婦人科の看護師長さんに言われたことです。

確かに出産するまではピンと来ていなかったのですが、

出産後は文字通り四六時中おっぱいのことばかり考えていました。



母乳さえ出れば授乳はスムーズにいくと考えていたのですが、実際にやってみるとそうはうまくいきませんでした。

理想的な授乳は左右それぞれのおっぱいから、時間を決めて飲ませ、だらだら飲ませないということだったのですが、まず出だしからつまずいてしまいました。



まず子供がうまく吸えない。

時間をかけてようやく飲んだと思うと大量にゲボして吐き戻してしまう。

背中トントンしてゲップを出させることができない。



助産師さんや看護師さんがやるとうまく子供もおっぱいを咥えられるのですが、それがまずできなくて、ゲップもプロがやれば簡単に出るのに自分ではできない。

最初の頃は本当に泣きそうでした。

自分の不器用さにこれほどがっかりしたことはありませんでした。

母乳は余るほど出ているのに子供の栄養にならなくて体重が中々増えませんでした(泣)

おかげで、産婦人科で産後行っている母乳教室に毎週通って何とか飲ませられるようにがんばりました。

コツは身体で覚えるしかないのですが、

自分が納得できるまで誤魔化さずにチャレンジするのがポイントだと思いました。


(Photo by [//pro.foto.ne.jp/free/product_dl.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

母乳に関する記事

母乳の成分ってなんなの?分泌時期による母乳の特徴と成分変化!

授乳は当たり前のように始まりますが、生まれたばかりの赤ちゃんが飲んでどんどん...

母乳をしっかりあげるためのおっぱいの手入れのポイント3つ!

赤ちゃんが生まれたら、しっかりと母乳で育てたいと考えている方は多いと思います...

母乳の体験談

完全母乳育児成功のコツ!〜母乳がよくでる食事、控えた食べ物〜

私は妊娠が分かった時から、漠然と母乳で育てたいと考えるようになりました。 粉ミルクに対する抵抗感が...

母乳によいこと、悪いこと~甘いものが食べたいときは!~

今では懐かしい思い出ですが、母乳をあげていた頃は、いろいろと悩んだり、困ったりすることの連続でした。...

カラダノートひろば

母乳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る