カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. むくみケア >
  4. 基礎知識 >
  5. 水分過多の体に基本の漢方「五苓散」 この漢方で体の中に溜まった水分を排出しよう!

美容・ダイエット

水分過多の体に基本の漢方「五苓散」 この漢方で体の中に溜まった水分を排出しよう!

 

飲食物から摂取した水分が、正常に体に吸収され、体のどこかで滞ることなく全身を巡り、順調に排出されるのであれば何も問題はありません。逆に言うと、体のどこかに滞ってしまう水というのは、問題があるということです。

何が問題なのかというと、水分過多になることによって、むくみや頭痛、もっと言うと痙攣などが起こることがあるのです。

 

水の代謝をよくする基本漢方「五苓散」

五苓散(ゴレイサン)という漢方薬は体の中の水の循環をよくしてくれる漢方薬です。水の循環がよくなることによって、体の中にある無駄な水分を取り除くことができます。

具体的には、水分過多になったことによって、吐き気や嘔吐、下痢、むくみ、頭痛、めまいなどといった症状を改善してくれます。

 

五苓散という漢方薬の組成

五苓散は、利尿作用のある猪苓(チョレイ)という生薬をはじめとして、茯苓(ブクリョウ)、蒼朮(ソウジュツ)、沢瀉(タクシャ)といった生薬が配合されています。さらに桂皮(ケイヒ)は軽い発散薬であり、頭痛やめまいによくききます。これらの生薬が組み合わさることによって、水分代謝に改善により大きな効果を発揮できます。

 

五苓散の飲み方

通常、食前あるいは食間の空腹時に飲みます。顆粒の場合はお湯で溶かしてから、リラックスした状態で飲むのが良いです。お湯で飲むと胃がムカつく感じがするという場合には、水で飲んでもかまいません。また、食前や食間の服用で吐き気などが増すのであれば、食後の服用でも構いません。

 

こんなうれしい効果も

夏風邪はお腹にくるとよく言い、実際に胃腸系に支障(下痢や嘔吐)が出ることが多いです。こうした場合にも、この五苓散が効果があります。特に風邪に対して飲むときには吐き気などの症状との兼ね合いを見ながら、温かいお湯で飲むとより良いとされています。

 

漢方薬と言っても多少の副作用があります。もし服用をしたときにむかついたり、食欲が無くなるといった症状が出たら、様子を見てください。多くは次第に慣れることが多いのですが、改善しないときには医師に相談しましょう。

(Photo by:足成 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

水を飲みすぎると冷えやむくみの原因に

■水をたくさん飲んでも代謝がよくなるわけではない「水をたくさん飲むと、代謝がよく...

冬のむくみ・便秘解消☆甘さ控えめ☆さつまいも入りぜんざい

  あずきのサポニンは利尿効果が高く、体から水分を追い出す効果があり、溶血...


指のむくみの解消法は、マッサージ?!

指むくみは、体験したことのある方も多いのではないでしょうか? とくに、女性の場...

冷たい飲み物ばかり飲んでいませんか?夏に気を付けたい水分の摂り過ぎ

     夏は暑くて、つい冷たい飲み物が欲しくなりますよね。脱水にならないた...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る