カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 薬物療法 >
  5. いつから開始するべき?高脂血症を改善する際の薬物治療を開始する時期

生活習慣病

いつから開始するべき?高脂血症を改善する際の薬物治療を開始する時期

高脂血症は基本的に、生活習慣を改善することによって治療されますが、薬物治療を行う場合もあります。今回は、薬物治療の開始時期についてご紹介します。

 

薬物治療を開始する時期

生活習慣の改善の基準は4つあり、4つを行っても血液中のコレステロールや中性脂肪の値が改善しない場合には、薬物療法を開始します。

生活習慣の改善基準は、

 

1. 「適正体重への指導、食事内容の適正化を指導する。」を3ヶ月間行う。

 

2. 1.を行っても血液中のコレステロールや中性脂肪の値が改善しない場合「各種高脂血症に応じたよりきめ細かな食事指導を行う。特に、食事中の脂質(コレステロール、脂肪酸など)の適正化を指導する。」を3ヶ月間行う。

 

3.1.や2.のような食事療法と同時に運動療法を行う。

 

4. 1.や2.のような食事療法と同時に禁煙を指導する。

 

ただし、例外として血液中のコレステロールや中性脂肪の量が多すぎて、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの危険性が高い場合はこの4つと並行して薬物治療が行われます。

また、高脂血症の診断基準は高コレステロール血症が総コレステロール220mg/dL以上、高LDLコレステロール血症がLDLコレステロール140mg/dL、低HDLコレステロール血症がHDLコレステロール40mg/dL以下、高トリグリセリド血症がトリグリセリドが150mg/dL以上となります。

 

高脂血症、は薬物治療より生活習慣の改善の方が治療効果が高いと言われているため、薬物治療を開始したからといって生活習慣を乱さないようにしてください。

 

 

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/07/21-024566.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬物療法に関する記事

どうやってコレステロールの量を減らしているの?高脂血症を防ぐための薬

  高脂血症の治療のために、いくつかの治療薬が開発されています。食事のコレ...

カラダノートひろば

薬物療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る