カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. その他 >
  4. 食事でアルツハイマー型認知症を予防できる?!アルツハイマー型認知症予防と食事の関係

介護・認知症

食事でアルツハイマー型認知症を予防できる?!アルツハイマー型認知症予防と食事の関係

認知症は2つのタイプがありますが、アルツハイマー型認知症については食事で防ぐことができるのではないか、と言われています。今回は食事で防ぐことができるのではないかと言われている、アルツハイマー型認知症の食事内容についてご紹介します。

 

調査からわかったこと

自治医科大学大宮医療センターの研究チームが、アルツハイマー病患者51名と同年齢の健康な人との食事内容の差異を分析するという調査を行いました。その結果、アルツハイマー病患者の多くの方において、食事のバランスが崩れていることが判明しました。

男性のアルツハイマー病患者においては、1日の総エネルギー量が健康な人と比較し、約30%ほど多いという結果になっています。このエネルギーの過剰に合わせて、穀類、肉類、植物油の摂取量が多いことがわかっています。しかし、女性のアルツハイマー病患者においては、1日に必要な総エネルギー量を摂取できている人が少ないという結果になりました。女性のアルツハイマー病患者では、総エネルギー量が少ないことに合わせ、海草や緑黄色野菜の摂取量が非常に低いということもわかっています。男性・女性どちらのアルツハイマー病患者にも共通して言えることは、不飽和脂肪酸であるドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)の摂取量が低いこともわかっています。ドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)は青魚に多いとされています。

 

上記のことから、自治医科大学大宮医療センターの研究チームは平均1日に80g青魚を摂取すること、緑黄色野菜を1日の食事のうち2回は登場させることを推奨しています。

 

以上がアルツハイマー型認知症と食事の関係です。基本的に和食を中心にしたメニューであれば、上記のことは達成できるようです。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/09/18-382126.php?category=28)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

認知症の問題行動と対処法~オムツ外し・弄便!排泄のケアはデリケート…どうしたらいい?

  認知症の高齢者を介護している家族にとっては、排泄のケアが大きな問題です...

オメガ脂肪酸摂取やマジック7と一緒に行いたい脳を鍛える方法

  年を取ってもボケずにいられれば、自分の趣味、社会への貢献活動などに従事でき...


春の食材で認知症予防【筍ご飯】

春なると山菜やたけのこなどの食材が食べたくなりますね。「食」で春を感じて、体のス...

老人性紫斑予防は皮膚の健康から!~しっかり摂りたい栄養素~

  高齢者の皮膚に起こる老人性紫斑は加齢で起こる症状のため、治療よりも予防...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る