カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. その他 >
  4. 食事でアルツハイマー型認知症を予防できる?!アルツハイマー型認知症予防と食事の関係

介護・認知症

食事でアルツハイマー型認知症を予防できる?!アルツハイマー型認知症予防と食事の関係

認知症は2つのタイプがありますが、アルツハイマー型認知症については食事で防ぐことができるのではないか、と言われています。今回は食事で防ぐことができるのではないかと言われている、アルツハイマー型認知症の食事内容についてご紹介します。

 

調査からわかったこと

自治医科大学大宮医療センターの研究チームが、アルツハイマー病患者51名と同年齢の健康な人との食事内容の差異を分析するという調査を行いました。その結果、アルツハイマー病患者の多くの方において、食事のバランスが崩れていることが判明しました。

男性のアルツハイマー病患者においては、1日の総エネルギー量が健康な人と比較し、約30%ほど多いという結果になっています。このエネルギーの過剰に合わせて、穀類、肉類、植物油の摂取量が多いことがわかっています。しかし、女性のアルツハイマー病患者においては、1日に必要な総エネルギー量を摂取できている人が少ないという結果になりました。女性のアルツハイマー病患者では、総エネルギー量が少ないことに合わせ、海草や緑黄色野菜の摂取量が非常に低いということもわかっています。男性・女性どちらのアルツハイマー病患者にも共通して言えることは、不飽和脂肪酸であるドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)の摂取量が低いこともわかっています。ドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)は青魚に多いとされています。

 

上記のことから、自治医科大学大宮医療センターの研究チームは平均1日に80g青魚を摂取すること、緑黄色野菜を1日の食事のうち2回は登場させることを推奨しています。

 

以上がアルツハイマー型認知症と食事の関係です。基本的に和食を中心にしたメニューであれば、上記のことは達成できるようです。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/09/18-382126.php?category=28)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

睡眠中のクーラーで高齢者の夏バテを予防しよう!高齢者が元気に夏を乗り切るために

高齢者が元気に夏を乗り切るためには、食事や水分補給などに気をつけなくてはなり...

女性だけじゃない!男性にも骨盤底筋エクササイズの効果があります!

  骨盤のエクササイズといえば女性が中心ですが、骨盤底筋を鍛えることは男性にも...


リハビリテーションって何?

リハビリという言葉を一度は聞いたことが有ると思います。   ではリハビリとは一...

高齢者は冬の体調変化に注意!家族もよく見てあげて

  冬の低い気温は人の体に大きな影響を及ぼします。特に高齢者は外の気温に体の機...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る