カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. むくみケア >
  4. 基礎知識 >
  5. 余計な水分を排出して痛みを発散する「防已黄耆湯」 ただし副作用には注意して!

美容・ダイエット

余計な水分を排出して痛みを発散する「防已黄耆湯」 ただし副作用には注意して!

 

体の中の水分が過剰になってしまうとき、漢方の力に頼ってみてはどうでしょうか。モデルさんなどが、ダイエットや美容のために「水を毎日2リットル飲む」ことがあります。

確かにこれによって血液の量が増え、新鮮な水が体の中に巡って、体の中の循環をよくすることはできます。

しかしそれは、水代謝がきちんとできている場合のみです。水代謝がきちんとできない場合には、体の中の水分が過剰になってしまいます。

 

水分代謝の改善に「防已黄耆湯」

体の中に水分が停滞してしまって、水の排出がうまくできていないで、体に色々な影響が出ることを、漢方では水毒といいます。

この水毒の状態に処方される漢方薬が防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)です。

具体的には肥満症や多汗症、むくみ、関節に水が溜まりやすい関節炎、水太りなどに用います。

 

防已黄耆湯の組成

漢方薬はいくつかの生薬の組み合わせからできています。

防已黄耆湯を構成する主薬は、防已(ボウイ)という生薬です。これは体の水分循環をよくして余分な水分を体から追い出すと共に、痛みを発散して治す働きもあります。これを中心に、防已の働きを助ける蒼朮(ソウジュツ)や、滋養強壮や発汗を正常に促す黄耆(オウギ)などが含まれています。

 

副作用に注意して!

防已黄耆湯を服用する際は、副作用も知っておきましょう。

 

甘草と併用した場合の副作用

基本的に思う副作用はありませんが、配合されている生薬のひとつに甘草があります。この甘草は大量に服用するとむくみや血圧の上昇が起こることがあります。

この漢方単体では、大きな副作用はありませんが、他の甘草が含まれた漢方薬と一緒に飲むという場合には注意しましょう。複数の服用もそうですし、長期併用なども注意が必要です。

そのため、だるい、血圧上昇、むくみ、手足のしびれ、体重増加などが見られた場合には、注意しましょう。

 

間質性肺炎や肝障害の副作用

実際に報告されている副作用に、間質性肺炎や肝障害があります。

そのため、咳、息切れ、呼吸困難、発熱。倦怠感、黄疸といった症状が見られる場合には注意をしましょう。

 

防已黄耆湯は一般の薬局でも手に入れることができます。ですが、何らかの病気を有している人や、妊娠している人などは医師や薬剤師にしっかりと相談してください。

(Photo by:足成 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

水分の摂り過ぎが下痢を招く?正しい水分の摂り方について

カラダに良いはずの水ですが、飲み方によっては下痢などの様々な症状を引き起こし...

1日2リットルの水を飲むことは健康に良いはうそ?!水の飲み過ぎの危険性

   最近、水を飲むことが健康にいいといわれていますが、実はある一定量以上水分...


指のむくみの解消法は、マッサージ?!

指むくみは、体験したことのある方も多いのではないでしょうか? とくに、女性の場...

むくみはからだのどこに出やすい?

間質液は全身に存在しますが、水分がたまりやすい場所は決まっています。すなわち、む...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る