カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 脊髄 >
  5. 脊髄損傷でもこんなことができる!損傷レベルと日常生活~胸髄・腰髄・仙髄の損傷~

気になる病気・症状

脊髄損傷でもこんなことができる!損傷レベルと日常生活~胸髄・腰髄・仙髄の損傷~

スノボー

交通事故や転落、スポーツ損傷で多い脊髄損傷。どのような障害が出るのは脊髄のどのレベルで損傷されたかに強く影響します。胸のあたりから、骨盤のあたりの仙骨までの損傷ではどのような機能が障害され、どの程度の能力の回復が見込めるのでしょうか。

 

C8-T1(頚髄8番目から胸髄1番目)

上肢の機能は完全に残されていますが、体幹・下肢は動かすことができず、感覚も消失します

・車いすでの生活は自立できます

・車いすを操作して、多少の段差を乗り越えることもできます

改造自動車を運転することが可能で、自分自身の車いすを自動車に積み込むこともできます

・入浴用の福祉用具は必要ですが、他の日常生活の動作は自助具なしでも自立できます

 

T2~T6

・体幹の機能が一部保たれるため、体のバランスが取りやすくなります

・環境を整えて、簡単な家事動作が可能になります

・車いす対応の台所や、浅めのドラム式洗濯機などのハード面での工夫も必要です

 

T7~L2(胸髄7番目から腰髄2番目)

・体幹の機能が保たれているため、体のバランスが安定します

・骨盤を引き上げる事が可能なので、太ももや骨盤までの長い装具をつけて、杖で歩行することが可能です

車いす移動が実用的には使われます

・環境を整えることで家事や仕事が可能です

車いすスポーツなども可能になります

 

L3~L4

・膝から下の装具をはいて、杖で歩行が可能なので、多少の制限はありますが、日常生活がほとんど受傷前どおり可能になります。

 

L5~S3(腰髄5番目から仙髄3番目)

・足首が動かしづらい、重だるい、力が入りにくいなどの症状はありますが、歩行が可能で、受傷前とほとんど同じ日常生活を送ることができます。

 

完全損傷の場合に起こる症状をまとめましたが、本人の年齢や性別、他の怪我がないか、環境の設定などによって、できることとできないことの個人差は大きくなります。

(Photo by://www.ashinari.com/2011/02/08-345293.php)

著者: amママさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脊髄に関する記事

脊髄がどのくらい損傷された?損傷の度合いによって違う、完全脊髄損傷と不完全脊髄損傷

  体を傷つけたときというのは、どの場所を傷つけたかと同時に、どの程度傷つけたか...

損傷した場所で違う!脊髄損傷の症状 -腰髄・仙髄編-

背中に長く伸びる脊髄は4つに分かれており、上から頸髄・胸髄・腰髄・仙髄という名...


脊髄損傷でもこんなことができる!損傷レベルと日常生活動作~頚髄の損傷~

脊髄損傷は、脊髄のどの部分で損傷したかによって、どの筋肉が働くか、どこの感覚が...

受傷後の時間経過によって違う、脊髄損傷からのリハビリ…時期によってどんなリハビリをするの?

  リハビリの大きな目的は、残った機能を最大限使って社会復帰につなげていくことで...

カラダノートひろば

脊髄の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る