カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 搾乳 >
  5. 《体験談》出産前に搾乳器を購入するか悩まれている方へ 搾乳器は産後数日のみの使用!【後編】

育児・子供の病気

《体験談》出産前に搾乳器を購入するか悩まれている方へ 搾乳器は産後数日のみの使用!【後編】

◆搾乳器は必要?不必要?

産後、退院してからずっと母乳育児をしました。1人目も2人目も1歳半まで、ずっと完全母乳です。
 
今思うと、私の場合、母乳が満足なほど作られていたというわけではなく、生後6ヶ月ごろになれば、母乳が足りないのでは?もっと作られるにはどうしたら・・・?と、不足に悩んでしまうタイプだったので、搾乳をするという行為自体が産院退院後は無縁だったように思います。
 
「満足なだけ出てしまって母乳を絞らないと対応できない!」というタイプではなく、「母乳でなんとか頑張るか、ミルクを足すべきか・・・」と悩んでしまうタイプの体質(乳房が)だったので、搾乳をすることは正直出産を終えたものの数日間、産院にておこなった数回のみです。
 
搾乳器が必要か不要かは、正直なところ、出産をしてみないと解りません。
母乳が沢山出来て絞らないと対応できないというママもいれば、母乳の出が悪く、ほとんど作られないため、粉ミルク育児だったというママも。妊娠中の乳房だけでは判断が出来ません。
 
一度出産を終えれば、二度目には一度目の経験があるため搾乳が必要かどうかは想像がつきますが、初産の場合には解らないことです。
結論、私の場合は、【必要だと思った時に購入すれば良い】という判断で、間違っていなかったと感じています。
 
産院退院後に搾乳器を使うことはなかったですし、母乳パッドで十分間に合う程度の母乳分泌量だったので、絞らなければあふれてしまう!や、絞らなければ痛みに耐えられない・・・という苦悩はさほどありませんでした。
 
搾乳器そのものも数千円から、高いものでは数万円します。それほどの物を購入し、実際には私のように全く使用しなかったとなると、とても勿体ない出費です・・・。
購入を検討されている方は、「もしかすると使わない物かもしれない」という事も頭に入れて、金額や購入時期を検討してみてください。
 
 (Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

搾乳に関する記事

赤ちゃんを預けて外出…そんなときは母乳の搾乳をしておこう!便利な搾乳グッズまとめ

赤ちゃんには母乳をなるべくあげて育てたい、でも仕事やリフレッシュのために人に預...

赤ちゃんの吸引力はスゴイ!産後6ヶ月までに多い授乳によるトラブルは?

 初めての育児では、新米ママさんはわからないことだらけ。特に一日10回近くも行...

搾乳の体験談

メデラの搾乳機がおすすめ!マッサージ機能で痛かった胸のハリも楽に

息子が生まれて生後9日目に家族で外出をしました。 どうしても欲しいものが出てきたからです。 ...

初めての授乳☆保護器の使用で体も心も改善

授乳の痛みが衝撃だった日。 そこでまたまた看護師さんが持ってきてくれたのは、保護器です。授乳の保護...

カラダノートひろば

搾乳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る