カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 脊髄 >
  5. 年間約5000人!交通事故や転落、スポーツなどで起きる脊髄損傷はどんな症状が出るの?

気になる病気・症状

年間約5000人!交通事故や転落、スポーツなどで起きる脊髄損傷はどんな症状が出るの?

交通事故

日本では、毎年交通事故などで約5000人の方が脊髄損傷になっています。

脊髄損傷とはそもそもどのような状態なのでしょうか?

 

脊髄とは

私達の背骨(脊椎)は、椎骨という中心に穴のあいた骨が縦に連なってできています。なので、中心は空洞になってトンネルのようになっています。脊髄は、神経線維の束で柔らかく傷つきやすいため、脊椎のトンネルを脳からおしりのあたりまで通っており、それぞれの椎骨の間から左右対称に神経を伸ばして、筋肉などに信号を送ったり、逆に筋肉や感覚受容器から信号をもらって脳に伝えたり、反射をおこしたりします。どの神経が、どこの筋肉や皮膚のどの部分を担当するか役割分担されています。

 

脊髄損傷とは

交通事故や転倒・転落、スポーツでの外傷などの理由によって、脊髄が傷つけられた状態のことを言います。傷つけられた脊髄は現在までのところ完璧に回復させる治療法はないため、それに伴った症状が残ります。

傷つけられる原因は、椎骨の骨折や脱臼、椎骨と椎骨の間の椎間板や骨をつないでいる靭帯の損傷や変形によって脊髄が圧迫されたり、押しつぶされたりした状態でなります。また脊柱管狭窄症で脊椎のトンネルが狭くなって脊髄が圧迫されたり、脊髄腫瘍で脊髄が圧迫・侵食されて症状が出ることもあります。

 

脊髄損傷の症状

運動機能の障害

障害を受けた脊髄の部分より下の脊髄が担当していた筋肉の機能が障害されます。

知覚機能の障害

障害を受けた脊髄の部分より下の脊髄が担当していた感覚が障害されます。

自律神経の障害

障害を受けた脊髄の部分より下の脊髄が担当してた部分の、汗をかいたり、排泄したりなど自律神経でコントロールされているところが障害されます。

 

脊髄損傷の状態

完全麻痺

脊髄の断面が完全に切断された状態で、損傷した脊髄より下の脊髄が担当していた筋肉などへは脳の信号が伝わらず、感覚も脳に伝わりません。

不完全麻痺

脊髄の断面が多少でもつながっている状態。損傷した脊髄より下の脊髄が担当してた筋肉もわずかに動かせたり、感覚が残ることもあります。

 

脊髄のどこで、どの程度損傷したのかによって残存する機能は大きく変わってきます。

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E7%81%AB-%E5%89%8A%E9%99%A4-%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%99%E3%82%8B-%E4%BA%A4%E9%80%9A%E4%BA%8B%E6%95%85-22332/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脊髄に関する記事

電気刺激で体の機能がよみがえる!?治療法はないとされていた脊髄損傷に希望の光

身体活動は、電気刺激によって支えられています。脳から発せられた信号は、電気の刺...

損傷した場所で違う!脊髄損傷の症状 -頚髄・胸髄編-

脊髄の損傷は頚髄、胸髄、腰髄、仙髄のどこを損傷したかで、後遺症も症状もかなり異...


脊髄損傷でもこんなことができる!損傷レベルと日常生活~胸髄・腰髄・仙髄の損傷~

交通事故や転落、スポーツ損傷で多い脊髄損傷。どのような障害が出るのは脊髄のど...

脊髄損傷でのリハビリ期間はどれくらい?リハビリのための施設選びのポイント

脊髄損傷でのリハビリは先が見えないと心配になる方もいますし、家族の方でも心配で...

カラダノートひろば

脊髄の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る