カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. あえて骨盤を緩める!妊娠後期の骨盤底筋エクササイズ

妊娠・出産

あえて骨盤を緩める!妊娠後期の骨盤底筋エクササイズ

妊婦

ダイエット、姿勢改善、便秘、尿失禁などで話題になる骨盤底筋。

骨盤底筋を鍛えて、改善しましょうというものが多いですが、妊娠後期は違った考え方をします。

 

妊娠後期の骨盤底筋

赤ちゃんが生まれてきやすいように、また大きくなる赤ちゃん・子宮を支えるために骨盤底筋は大きく広がります。 

 

妊娠後期にエクササイズが必要な理由

赤ちゃんが生まれてくるためには、「柔らかい」骨盤底筋が必要です。普段から骨盤底筋を鍛えている人は特に、分娩でいきんだ時に、骨盤底筋に力が入りすぎて赤ちゃんが降りてきづらくなることがあるのです。

 

骨盤底筋は赤ちゃん・子宮を支えるために強さも必要ですが、それだけでなく柔軟性も必要なのです。 

 

骨盤底筋を緩めるエクササイズ

1.  骨盤底筋を感じる

楽な姿勢で座って、おしっこを我慢するように力を入れたり、ゆるめたりして骨盤底筋が動いているのを感じてください。引き上げて、ゆるめて下げるようなイメージです。

 

2.  4段階に分けて力を入れる

骨盤底筋の動きがわかったら、4段階にわけて徐々に力を入れましょう。エレベーターで1階ずつ上がっていくことをイメージすると良いです。均等に4段階で上がっていくようにイメージしましょう。

 

3.  4段階に分けて緩める

力を入れるのがわかったら、今度は4段階にわけて力を抜きます。エレベーターで1回ずつ下がるイメージです。均等に4段階にわけて下がります。

 

腹筋には力を入れないようにしましょう。赤ちゃんの出口を塞ぐことになってしまいます

分娩時は緩めることが大切になります。3の練習が重要です

お腹のハリがあるときなどは中止しましょう

 

体のトラブル対策、美容のための骨盤底筋エクササイズは一度おやすみして、赤ちゃんと一緒に快適な出産を迎えるために、あえて緩めるトレーニングはオススメです。

 

(Photo by:pixabay )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠後期(8ヵ月以降)に関する記事

お腹の赤ちゃんが大きいといわれた!妊娠糖尿病のせい?考えられる理由と対策

  妊婦さんにとって、赤ちゃんがお腹の中ですくすくと育ってくれることはとても嬉...

つわりがぶり返した?!妊娠後期にもある悪阻の症状…妊娠初期とどう違う?

妊娠初期につわりに苦しめられてようやく落ち着いたのに、最近また!?なんていう...

妊娠後期(8ヵ月以降)の体験談

里帰りしない帝王切開の出産準備★コープの夕食宅配など

「里帰りしない帝王切開の出産準備①」では予定帝王切開のスケジュールと、やりきれない家事などの洗い出し...

やっと産休〜

3月31日でやっと産休に入りました。 予定日は5月20日。 仕事は保育士だったため、朝は7時...

カラダノートひろば

妊娠後期(8ヵ月以降)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る