カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. ストレス >
  6. どんな親も平等に抱える問題…子どもを虐待しない親になるために~虐待をしてしまう理由とは?

育児・子供の病気

どんな親も平等に抱える問題…子どもを虐待しない親になるために~虐待をしてしまう理由とは?

「私は虐待をしない」…そう言い切れる母親・父親はいても、虐待をしてしまうかもしれないという問題は、どんな母親にも父親にも平等に抱える問題です。
いざ子育てをしてみないと、頭では考えられなかった・想像も付かなかった程の過酷さや苛立ちがあるのも事実です。しかしその分、言葉では言い表せられないほどの幸福感や充実感もあります。
 
「子どもを虐待しない親になりたい・・・」「でも自分自身が産後どう変化するか解らない」そんな不安を抱くママやパパは非常に多く存在します。
虐待をしない親になるため、どんな心を持っておくことが大切なのでしょうか。
 

◆虐待をしてしまう理由とは?

虐待をしてしまう理由は様々にあります。親の苛立ちや怒りの矛先が子どもになってしまうケースや、親自身が育てられた環境・新生活をする場所の環境・・・本当に考えればキリがないほどの理由が存在します。
 
その中でも最も多いとされる原因は“子どもが、自分の意に添わない行動をする”事が挙げられます。
子どもは“おもちゃ”ではなく心のもった1人の人間だということを理解しながらも、親の思うように行動しない、泣き止んでほしいのに泣き止まない、こうして欲しいのししてくれない・・・そんな理由を述べる親が多くいます。
 
虐待の理由だけを追及すれば、心の余裕の無さ、夫婦の不仲、経済的な余裕の無さ、親自身の未熟さなどが問われます。
 

◆虐待をしない親になるためには?

人の心というものは非常に複雑で、理解していても行動が伴わないことはよくある事です。
しかし、虐待は“よくある事”では済まされません。子どもへ虐待をしない親になるためには、それだけの環境と、生活の余裕が必要です。
 
環境とは、はけ口がある・活動の場がある・必要とされる場所がある・家庭がある等々、育児をする上で自分を支え刺激してくれ成長できる環境のことです。
生活の余裕とは、経済的な面での余裕・育児をする上での協力や理解を得られる余裕・ある程度のところで見切りをつけ現状を受け入れられるだけの気持ち的な余裕等々が挙げられます。
 
これだけが虐待の予防!とは言い切れませんが、虐待を防止するために今必要だとされていることは“貧困対策”と“孤独が無くなる社会”だと言われています。
気持ちの余裕や経済的な余裕、そして周りの環境や協力があってこそ、虐待するまで追い詰められる母親・父親の気持ちを少しでも軽減させることが可能だと考えられています。
 
「私は絶対に虐待しない」「虐待する人の気持ちがわからない」皆誰しもがそう思うかもしれません。
しかし、世の中、我が子を虐待するために出産をする母親はいません。切羽詰まり、はけ口がなく、誰にも打ち明けられない孤独感や夫婦関係のトラブル、生きてきた環境・・・全てのマイナスが重なった時に、虐待という方法をとってしまう、それは誰もが抱えている心の闇でもあります。
 
自分を過信することなく、「もしかしたら私も・・・」という意識を持って、出産前に産後の環境を整えておく努力をすると良いかもしれません。
 (Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ストレスに関する記事

子育てに頑張りすぎは禁物!!現代ママが頼れる場所は○○!!

  子育てをしているお母さんにかかる精神的な負担、肉体的な負担というものは計り...

虐待寸前!?ちょっと待って考えてみよう!それって育児ノイローゼではないですか?!

近年、虐待に関するニュースが毎日のように世間に流れています。中には命を落として...

ストレスの体験談

私の産後うつ体験談。当時の日記を抜粋します。

息子が生後3ヶ月頃です。 私は産後うつ状態で毎日のように泣いていました。 実家から遠く離れた...

二児のママになり今までで最大の地獄

 二人目が生まれて三か月。今日は本当に大変でした。主人は愚痴を聞いてくれないし、誰も話を聞いてくれな...

カラダノートひろば

ストレスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る