カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. おでかけ >
  4. 1~2歳 >
  5. どうしよう!幼い子どもをつれての飛行機移動…飛行機で子どもを飽きさせない方法

育児・子供の病気

どうしよう!幼い子どもをつれての飛行機移動…飛行機で子どもを飽きさせない方法

お子さんが生まれて、家族皆で旅行へ行く・実家へ帰省する等の理由から、飛行機を使うケースは多々あります。
しかし、これがママやパパにとっては非常にヒヤヒヤしてしまう一大イベントでもあり、つい飛行機の利用に身構えてしまう方も・・・。飛行機を使う時の不安や、その対策、注意点などを挙げてみましょう。
 

◆幼い子どもとの飛行機旅行はヒヤヒヤ!?

年齢の低いお子さんだと、どうしても長時間のフライトや物静かな機内の雰囲気に慣れず、グズグズしてしまいます。「長いフライトで泣き出したらどうしよう」や「静かな機内で暴れたらどうしよう」そんな不安は、どんなママでもパパでも考えてしまうことです。
 
新幹線や電車であれば、あまりに状況が酷いと、途中休憩のために下車することもできますし、車両と車両の間の空間でお子さんをなだめることも出来ます。しかし飛行機となると、離陸してしまえば途中で降りることは出来ませんし、機内にはなだめるようなスペースもありません。このような状況を考えると、親御さんは乗る前からヒヤヒヤとしてしまいます。
 

◆飛行機での飽きない方法とは?

フライト時間が長い場合、飛行機の中でお子さんが飽きない方法を考える必要があります。しかし、携帯電話であったり、通信・電波を使用するものは機内では使用できません。そんな時のお助けグッズで、とても便利なものを紹介します。それは“ポータブルDVD”です。
 
持ち運びが出来、充電タイプな物が多いので、充電さえしておけば可能な時間分はDVDを見ることが出来ます。
更にお出かけ先でも充電が出来、お子さんの好きなDVDなどを用意しておけばお子さんも大人しくDVDを見てくれます。音量は機内に影響がない程度の低音にするか、ヘッドホンなどを使用させましょう。
 
機内ではお子さんの人数や座る場所など、事前に考えておき、出来るだけ周りの方にご迷惑にならない場所の席を準備してもらったり、お手洗いの近く、乗車口の近くなど、乗車する場所も考えておくと良いでしょう。
お子さんの好きな物や、興味のある物、絵本やお菓子など、持ち込める物は持ち込んで、荷物にならない程度のリュックなどにおさめると便利です。
 
(Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

1~2歳に関する記事

不安のない公園デビューをするコツ 焦らないことが大切!

仲良くなることを、公園デビューといいます。 しかし、公園デビューといっても...

1歳児の激しい「人見知り」いつまで続く?ママはNGワードに注意して

久しぶりにおじいちゃんおばあちゃんのお家に遊びに行っても、泣いてしまってママ...

1~2歳の体験談

辛くないゆるゆる公園デビュー

歩くようになる一歳代から公園に行くことが多くなります。 子どもを公園に連れていってあげたい。 ...

1歳☆水族館デビュー

夏は暑くて行く場所に困りますよね・・・動物が大好きなわが子なのですが、動物園もこの暑さではいけないし...

カラダノートひろば

1~2歳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る