カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. おでかけ >
  4. 2~3歳 >
  5. 出発前には必読!ワクワクだけじゃない!子どもを海外に連れて行く時の注意点

育児・子供の病気

出発前には必読!ワクワクだけじゃない!子どもを海外に連れて行く時の注意点

子どもを連れての海外旅行、楽しみがいっぱいで、期待に胸がワクワクドキドキしてします。
しかし、海外旅行先でのトラブルは付きもの!万が一のことを考えて、出発前に日本でやるべきことはしっかりと行ってください!
 

◆お子さんの予防接種は万全?

海外に行くと、日本では流行していないウィルスや風邪が年中流行っていることもあります。
狂犬病や日本脳炎などの病気は海外で動物に噛まれた・海外に生息する蚊に刺された・・・などの出来後がキッカケとなり発症してしまう病気で命に関わる程です。
 
大人でもそれだけ致死率が高いので、お子さんの場合であれば、対処が遅れてしまうと、取り返しのつかないことになります。
 

◆お子さんの母子手帳を忘れずに★

渡航する前には必ずチェックをしてください。
特に、お子さんの母子手帳や、お子さんの持病などを記載した英文カルテ(病院にて相談してください)薬の情報、常備薬の持参、救急キットの準備や海外旅行の保険に加入しておくことも忘れないようにしましょう。
 
渡航前には、必ず、渡航先でどんなウィルスや風邪が流行しているのか、何に気をつければ良いのかなどの情報も得るようにしましょう。
的確な情報が得られない場合には、国内のトラベルクリニックに相談をしても良いでしょう。
 

◆日本とは違う!区分の違いを知っておこう!

日本と海外では様々な部分で設定される基準や内容、区分が異なります。
海外旅行で知っておいてほしい区分は子どもの年齢区分と年齢区分によって料金設定が違うことです。
一般的に海外で子どもの年齢区分として見られているものは以下の通りです。
 
【幼児】2歳未満
【小児】2歳以上12歳未満
【大人】12歳以上
 
お子さんの年齢によって様々な料金・費用・準備するもの(ホテルのベッドや飛行機などの座席)が異なります。
12歳以上がすでに大人と同等の金額を払うようになるという意識は、日本ではあまり定着されていないことかもしれませんが、海外での一般はこのような区分で区切られていることが沢山あります。
 
お子さんを連れての海外旅行は、もちろん子どもがめいっぱい遊べて楽しめる計画をすることは大切で、重要なことなのですが、知らない土地へ行くと、体調を崩してしまうのもお子さんならではかもしれません。
体調を崩したときのフォローをしっかりできて、緊急時にも前もってどんな対策をとるか、しっかり策をたてておけばいざと言うときに焦らず対応できます。
渡航前には渡航先の天候なども事前に調べておきましょう。
 
 (Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

2~3歳に関する記事

外出先でワガママを言わないで!子どものグズりは事前に○○が効果的!

お子さん連れでの外出。お子さんにとっては近所のスーパーに行くだけでも十分楽しい...

新幹線での移動…指定席?自由席にするべき?子どもを連れての外出で気をつけるポイント

新幹線に乗って長旅をする際、お子さんの行動についハラハラとしてしまいます...

2~3歳の体験談

初めてのイチゴ狩り

3月はイチゴ狩りの季節です! 普段からイチゴが大好きな息子のために、休日朝一で車で1時間半かか...

お買い物の時の大事な約束

お兄ちゃんが小さい時は、カートに乗せてスーパーでお買い物をしていたのですが、 大きくなり歩...

カラダノートひろば

2~3歳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る