カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 幼児食 >
  4. 好き嫌い >
  5. 感情的にならないで!好き嫌いをするお子さんへの対応とは?克服のコツ

育児・子供の病気

感情的にならないで!好き嫌いをするお子さんへの対応とは?克服のコツ

ご飯を作っても毎回毎回「これ嫌」「あれ嫌」と食べてくれない・・・
その代わりデザートや好きな食べ物となると、嫌いなものは目もくれず好きな物ばかり食べる・・・
こんな状態でついイライラしてしまうママは沢山います。
 
「なんで、こんなに好き嫌いが激しいの?」「いい加減に食べなさい!」と、お子さんの態度から、ママも感情的になってしまう事はよくあります。
好き嫌いをするお子さんには、どんな方法で克服させるのが良いでしょうか?
 

好き嫌いを克服するのは忍耐勝負!

とにかく、どんなにお子さんが嫌がって食べなくても、食卓に出すということは諦めないでください。
嫌いとされる食材が食卓にさえ並ばなくなってしまったら、克服なんて不可能です。見込みすら無くなります。
 
何事も経験を積んで、克服していくのです。
好き嫌いも同様で、食べることを止めてしまったら、そこでまた振り出しからになってしまいますし、「食べなくても大丈夫」だという意識をお子さんに植え付けてしまいます。
1回の食事で1口でも良いのです。食べられるという事を褒めてやり、食べたことへの自信をもたせてあげましょう。
 

無理矢理は厳禁!

どんな食材であってもそうですが、子どもが食べたくないというものを無理矢理口の中に入れ、食べさせるというような一方的な方法は厳禁です。
その時の様子を子どもはトラウマのように覚えてしまい、次に同じ食材を見た時に、記憶の中で無理矢理食べたという印象がフラッシュバックしてしまいます。
 
無理に食べさせるのではなく、「食べてみようかな」という気持ちにもっていくような言い回しや調理方法・誘導の仕方を考えてみましょう。

食事でなくデザートとしても・・・

食事として毎回毎回食卓に並ぶことも大切なことではありますが、時にはその食材を使ったデザートを作ってみましょう。
人参を使用したプリンや、ケーキ、ほうれん草をつかったクッキーなど、お子さんが好きそうなお菓子に一手間加え、野菜を積極的に使っていきましょう。
 
これで、お子さんも「美味しい」と言ってくれれば嬉しい限りです。
お子さんが普段食べないような野菜を使用しながら、レシピを調べてみて、デザートとしてより食べてくれる食事へ…お子さんが興味をもって食べられるものを作ってみてください。
 
(Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

好き嫌いに関する記事

野菜嫌いでも食べられちゃう☆ふわふわ甘いキャロットケーキを作ってみよう!

子どものおやつに大事なのは、栄養価とおいしく食べられることの2つです。 あ...

どんな方法がある?いろんな方法が考えられる!子どもの好き嫌いの原因となおす方法

  子どもの味覚が発達してくると、「この食べ物スキ・キライ」が出てきます。 好...

好き嫌いの体験談

緑のものを食べない!娘の離乳食の好き嫌い

離乳食の頃は好き嫌いのようなことはなかったと思うのですが、同じ食事になってからイヤイヤが出てくるよう...

子供に野菜を食べさせる!食べてくれた幼児食をご紹介

正直言うと私は昔から野菜やフルーツが苦手です。 結婚して主人のご飯を作るようになり、これではだ...

カラダノートひろば

好き嫌いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る