カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 食事・飲み物 >
  5. 注意点 >
  6. 妊娠中の食事「摂りすぎもNG」?栄養の過不足による影響まとめ~サプリメントの勧めも

妊娠・出産

妊娠中の食事「摂りすぎもNG」?栄養の過不足による影響まとめ~サプリメントの勧めも

妊婦さんはお腹の赤ちゃんにも栄養を与えるため、たくさん栄養を取らなければいけません。

でも、摂りすぎもよくないことを知っていますか?

栄養素の過不足が与える、妊婦・胎児への影響をまとめました。

 

各栄養素の過不足による、妊婦や胎児への影響は?

●ビタミンA

胎児の皮膚や粘膜の形成に必要です。

 

不足:胎児の発育不良、感染しやすくなる、など

過剰:頭痛、下痢、嘔吐、めまい、骨粗鬆症、催奇形性など

 

●ビタミンD

カルシウムの吸収を高めて胎児の骨を作ります。

ビタミンDは紫外線によって活性化されるので、妊婦さんが日光に当たらな過ぎると骨の形成に異常が出る場合もあります。

 

不足:骨粗鬆症、胎児の骨形成不全など

過剰:腎障害、胎児の成長遅延、骨形成異常、精神発達遅延など

 

●葉酸

DNAの合成に必要で、妊娠7週頃までの成長に欠かすことができない栄養素です。

 

不足:貧血、免疫機能の低下、消化器機能の低下など

過剰:なし

 

●脂質

脂溶性ビタミン(A、D、E、K)の吸収を促進します。

 

不足:早産、低出生体重児など

過剰:肥満など

 

●カルシウム

胎児に送られやすい栄養素なので、母体には不足しがちになってしまいます。

 

不足:低カルシウム血症、けいれん、高血圧、アレルギーなど

過剰:なし

 

このように、過剰に摂取することで胎児や母体に悪影響を与える栄養素も存在しますので、適切な食生活を心がけるようにしましょう。

 

「栄養を補うために」妊娠中にサプリメントを飲んでも問題はない?

栄養補助食品と呼ばれるサプリメント。

アメリカでは医療費が高額なため、ほとんどの人がサプリメントを飲んでいます。

近年、日本でも健康ブームで健康志向の人が増え、日常的に飲む人が多くなってきました。

 

栄養補助食品といっても、薬のように飲むサプリ。

妊娠中に飲んでも問題はないのでしょうか?

 

年々、野菜の栄養価が低下し、一日に必要な栄養を食品から摂ることが難しくなり、残業などの不規則な生活を送る人が増え、食生活が乱れている人が多い現代。

サプリメントは、手軽に必要な栄養を補う現代人の必須アイテムになってきています。

 

サプリメントは錠剤の形をしているために、薬のイメージが強い方もいらっしゃるでしょう。

ですが、サプリメントは実は食品の一部なのです。

 

普段の食生活でなかなか摂りきれなかったり、不足しがちな栄養素を補う役目をもっています。

ですので、妊娠中だからと心配する必要はありません。

むしろ積極的に取り入れましょう。 

 

妊娠中のおすすめのサプリって?

1.葉酸が含まれているサプリ

妊娠したい人、妊婦さんは積極的に葉酸を摂ることをすすめられます。

葉酸は、脳や神経を作る大事な栄養素で、赤ちゃんの発育に欠かせないものです。

特に妊娠初期は、赤ちゃんが脳や神経を作る大事な時期なので、積極的に摂ってほしい栄養素です。

 

葉酸は、レバーやうなぎ、枝豆、モロヘイヤ、パセリ、芽キャベツなどの食品から摂ることもできますが、上記で述べたように昔ほど高い栄養価のある食品ばかりではありません。

 

サプリメントであれば、葉酸を多く含んだ食品だけでお腹がいっぱいになることもないですし、一日に必要な量をきちんと摂取することが可能です。

 

2.マルチビタミン・マルチミネラルが含まれているサプリ

日本の食卓によく上がる食材や料理はたんぱく質、油脂、炭水化物がほとんどです。

ですので、明らかに足りていないビタミンとミネラルをとくに摂取しましょう。

 

マルチにビタミンやミネラルがとれるので、あれやこれやと単品で摂る必要がありません。

現在は妊娠中・授乳中も安心して使えるサプリがたくさん出ています。

メーカーによってビタミン・ミネラル量が異なるので、比較して購入するといいでしょう。

値段が安い物はビタミン・ミネラル量が少ないことがあります。

 

また、添加物が含まれているサプリメントもたくさんありますので、薬剤師さんに相談して購入すると良いでしょう。

 

サプリメントを使う前は、必ず医師と薬剤師に相談を

今までサプリメントは取っていなかったけれど、妊娠を機にサプリメントを取りたいという妊婦さんは、必ず医師と薬剤師さんに相談した上で摂取してくださいね。

 

また、妊娠前から使っていたサプリメントが妊娠中は使えない…なんてこともありますので気をつけてくださいね。

 

(Photo by //pixabay.com/)

著者: くみんさん

本記事は、2016-08-06掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

妊娠中の『海外産缶詰』の摂取は危険?環境ホルモン・ビスフェノールAの溶出量

近年、米大学の研究では、プラスチック容器に含まれる『ビスフェノールA(BPA)...

「食欲がない!?」マタニティライフ中の夏バテ対処法を知ろう

  普通に過ごしていても、最近の夏はとても暑くてつらいもの。ですが、妊娠中に夏...

注意点の体験談

気を付けて!妊娠中に食べてはいけないもの一覧!!

妊娠中にはつわりでほとんどの食べ物を受け付けなくなる人もいれば、反対にとっても食欲が湧いてくる人も。...

妊娠中のうっかり食べ物!胎児に影響がある生肉・・トキソプラズマ

妊娠中は控えた方が良い食べものっていくつかあります。分かっていたのになぜかうっかり食べてしまった物も...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る